鮮文大学校(長期留学)

 

鮮文大学校・韓国語教育院
 

鮮文大学校校舎3(縮小450).jpg

 

  ◆留学アドバイザーからの一言◆
  
ソウル郊外にある『鮮文大学校-韓国語教育院』という大学です。
  場所は韓国ソウル郊外の天安(チョナン)というところにあり、ソウルからは
  地下鉄では約1時間、KTXで約30分という適度な位置に存在しています。
  2010年5月の出張の際にここを訪れ、教室、食堂に寄宿舎を見学してきました。
  ソウルにある学校に負けず劣らずの素晴らしい環境ですし、日本からだけでなく
  他国からの外国人留学生も非常に多いし、弊社でソウル以外の学校を紹介する際
  重視してます『日本人の担当者』がいらっしゃるということでも、ここはかなり
  お勧めしやすいと思ってます。
  やはり日本語が通じるのは、留学間もない方々にとっては安心できますし、留学
  されるご本人同様、親御さんにとっても安心できる環境かと!
  
  次にここの特徴と言えば、留学生のことをよく考えてくれてるなということ!
  基本的にどこの大学・語学堂も、韓国語の授業がメインで、プラス文化体験授業
  だったり、午後の課外授業などはありますが、この学校ではそれら以外に学際で
  留学生たちだけで屋台を運営させてもらえたりと、留学生中心で行う活動も多く
  学校側からも積極的に援助してくれたりと、他校にはない留学生のために…感が
  強い学校です。基本語学留学には変わりありませんけど、学生ノリでワイワイと
  楽しく過ごされたい方や、日本人同士でも楽しめればOKという方には、ここは
  ぜひ候補に入れていただきたい学校です。
  
  そして!韓国留学で一番心配になることでもあり、最も重要となってきますのが
  『宿泊先』ですが、この学校には受講された全員が入居できる『寄宿舎(寮)』
  ありますので、これについても安心ですし、この学校の魅力の一つです。
  もしも!ソウルにある学校ではなくて、ちょっと他の方面へご留学してみたいと
  お考えの方にはぜひにお勧めしたい学校です。^^
  
  ■留学生数
  今現在日本人留学生が約100名全体で320名の外国人留学生が在籍してます。
  よく地方の学校には日本人が少ないとイメージされがちですが、唯一この学校は
  そういった皆様のイメージとは全く異なって、ソウルのある学校よりも日本人が
  いますので、地方の学校へ行きたいけど日本人が少ないのが不安…という方には
  お勧めできる学校ですし、これまた親御さんにとっては安心していただける点に
  なるかと思ういますよ。
  国籍数は40カ国と、ソウルにある各学校と変わらず、非常に多様な国から学生を
  受け入れています。ソウル郊外の学校としては規模が大きいです。
  
  学期日程
  他校と異なり、これまでこの学校の学期設定と期間は正規課程(1学期、2学期)

  季節課程(夏季、冬季)という日程で行われおりましたが、2016年より改正されて
  今はどの期間も同じ1学期=11週間で行われております。

鮮文大語学堂1(縮小).jpg 鮮文大教室(縮小).jpg 鮮文大寄宿舎(縮小).jpg
鮮文大・韓国語教育院  教室内の様子  鮮文大学の寄宿舎 

 


 2019年 鮮文大 長期課程日程
学期 レベルテスト日 授業開始日 授業終了日 受付締切日
春学期 2019年3月4日 3月5日 5月17日 12月20日
夏学期 2019年6月3日 6月4日 8月16日 3月13日
秋学期 2019年9月2日 9月3日 11月15日 6月19日
冬学期 2019年12月2日 12月3日 2020年2月14日 9月11日
※クラス編成は学期初めに編成試験を実施し、その試験結果で14段階に分かれた
 クラスを編成しています。在校生は前学期の期末テストの成績で決まります。
  入学手続きに関するご案内
提出書類 学費 登録対象
1.入学願書(写真貼付)
2.パスポートのコピー
3.写真
4.卒業証明書(アポスティーユ取得)
5.残高証明書
6.個人情報収集・利用同意書
7.海外保険加入証明書
2,205,000ウォン
内訳
1.入学金  W100,000
2.授業料  W1,320,000
3.寄宿舎費  W675,000
4.海外保険料 W110,000

高校卒業以上の方
また同等の学歴がある
と認められている方
その他
教材費は段階(クラス)別に異なりますがW60,000程度
※現在のレートはこちらをご参考ください。
※上記の料金は今現在のものです。これから先改定されることもあります。
        講座概要
授業期間 1日の授業数 1学期の総授業数
11週間
4時間 220時間
授業時間 開設レベル クラスの定員
9:00〜13:00(必修)
14:00〜16:00(選択)
1〜7段階 10〜16名
文化体験授業 1学期に2回の文化研修を実施し、韓国の伝統と礼節を
学び身に付けらる。また、韓国の各地域と文化遺跡地を
まわり、韓国の歴史と文化に対する理解の幅を広げる。
他には、歌やダンスなどの特技大会などもあります。
        授業時間
時間 1日 1週 学期
必修クラス
(9:00〜13:00)
4時間 5日(月〜金)

 

16週

選択クラス
(14:00〜16:00)
1〜2時間 1日
        講座課程
レベル 内容
初級
1〜4段階
○文字習得、初級基礎実用会話及び基礎文法、文章構造理解。
○基本語彙習得、文化理解及び学習をし、簡単な手紙等も可能に教育
○自己紹介、基礎生活情報探しなどが可能な水準に教育。
中級
5〜8段階
○社会生活に必要な一般的な語彙駆使。
○語彙文法に対する理解の幅を広げ、活用できるよう教育。
○簡単なニュース及び生活会話が可能な水準に教育。
高級
9〜12段階
○多様で専門的な内容やことわざ、慣用表現等を学習。
○韓国語の語彙文法に対する理解能力向上と文化理解及び学習。
○ドラマ及びニュース聴取、大学での講義受講が可能な水準に教育。
最高級
13〜14段階
○高級以上の韓国語能力所持者を対象に韓国の歴史や文化を学習。
○慣用語や外来語、現代韓国語等を中心にして語彙教育強化。
○最新のドラマや映画を利用して最先端文化の理解。 

 

  ※上記の各内容については、予告もなしに変更されることがあります。
   必ずしもここに記載されている通りではないということをご理解ください。

 

鮮文大学校(長期留学) 宿泊先のご案内

 

 

  この鮮文大学校の上記コースにお申込され、宿泊先の手配もご希望される方は
  下記鮮文大の寄宿舎をご紹介致します。この寄宿舎には必ず入居できますので
  ご安心ください。

  ちなみにこの学校にはタイプの異なる寄宿舎がいくつかあり、男女別になって
  いたり、正規課程用と季節課程用でまた別の寄宿舎になります。
  なお!この学校に関しては、下宿コシテルなど他のご紹介はできません。
  寄宿舎の手配のみとなりますので、何卒ご了承くださいませ。

 

 寄 宿 舎 (寮)

鮮文大寄宿舎男(縮小).jpg 鮮文大寄宿舎(縮小).jpg 鮮文大寄宿舎女(縮小).jpg
料金

W684,200(正規課程1学期間=約12週間)

設備

各部屋4名の共同生活
2段ベッド・机・椅子・クローゼット・エアコンなど。
トイレ、シャワー施設は各階に設置、共同使用となります。
寄宿舎内には、食堂や売店、卓球場にジム、ビリヤード場などが完備!  

洗面 洗濯機も共同使用(洗濯は洗濯室にて、コインランドリーを使用できます)
食事 寄宿舎内に食堂があります。
長所 学校内にあるので何かと楽な宿泊施設ですし、この学校の寄宿舎には受講される皆様が必ず入居できるので安心です!やはり地方にある学校であり、下宿やコシテルの手配ができないぶん、必ず入居可という点はありがたいですね。
欠点 4人1部屋という、韓国では当たり前の寮生活がストレスになるかもしれません。個人差はありますが、こういった共同生活に慣れるまでには、多少の時間がかかるでしょう。