ソウル市立大学校(2019年末年始の短期留学)

 

  ■ソウル市立大学校・韓国語学堂
  ソウル市立大学校は、1918年に設立された歴史のある大学校です。
  そして2008年には韓国教育のための機関として、国際教育院が設けられ、我々
  外国人学生が、韓国語と韓国に親しむための価値ある機会を提供しております
  2009年になり、この短期課程も開講されました。
  昔からある学校ですが、韓国語授業を扱う学校としては新しいほうになります。

 

ソウル市立大学校2(縮小).jpg ソウル市立大学校7(縮小).jpg ソウル市立大学校29(縮小).jpg
ソウル市立大内学食 ソウル市立大内Sカフェ ソウル市立大キャンパス内

 

◆留学アドバイザーからの一言◆
  2009年より長期課程に続き、今現在は韓国語短期課程も開講されております。
  これから韓国にご留学したいとお考えの皆さんは、ぜひこの学校も視野に入れて
  いただきたいと思います。
  長期課程と同じ様に、学費&宿泊費の安さ、そして寄宿舎があるという点などで
  十分にお勧めできる学校です。
  この年末年始の短期プログラムは『1週間コース』で、韓国語の学習文化体験
  
ができる授業が設けられており、午前は通常の韓国語の授業で、それらは午後に
  行われる予定です。
  なお!この短期コースを受講される留学生は、全員寄宿舎に入居できますよ(※)
  ※夏の短期コースの場合には寄宿舎は1人1部屋になりますが、この年末年始の
   短期コースの場合には、2人1部屋となります。
  年末年始に短期コースを開講してる大学・語学堂は少ないですので、大学である
  この学校のこのコースはけっこうお勧めできますよ!^^

 ※寄宿舎についての補足
  長期課程のページでもご案内していますが、寄宿舎については弊社での手続きと
  お客様個人で手続きをされる場合ではいろいろなことが異なりますので、ここに
  書かれてる内容通りと思わないでください。
  個人で手続きをされる方は、どうか直接学校までお問い合わせくださいませ。

 


 

 2018年 ソウル市立大 年末年始短期日程
時期 レベルテスト日 授業開始日 授業終了日
年末年始短期 12月27日(金) 12月27日(金) 1月3日(金)

 

  入学手続きに関するご案内
提出書類 学費 登録対象
1.入学願書(写真貼付)
2.パスポートのコピー
3.写真2枚
4.最終学校の卒業証明書
  または在学証明書
635,000ウォン
内訳
1.入学金 50,000ウォン
2.授業料 450,000ウォン
3.寄宿舎費 135,000ウォン
12/26(木)〜1/4(土)の9泊
高校卒業以上の方
また同等の学歴がある
と認められている方

 

        講座概要
授業時間 1日の授業数 1週間の授業数 授業時間
1週間 4時間 20時間(月〜金) 9:00〜13:00
開設レベル クラスの定員 午後の授業
1級〜6級 10名前後 @韓国語発音練習
A韓国語の歌で習う韓国語
B韓国伝統楽器
C韓国武道体験

 

 年末年始短期コースの授業内容(例)
日程 午前 午後
出発日 韓国に到着、12月26日(木)より寄宿舎へ入居
12月27日(金) オリエンテーション、レベルテスト 韓国語授業
12月28日(土) 自由時間
12月29日(日) 自由時間
12月30日(月) 韓国語授業(9:00〜13:00)
文化体験1
12月31日(火) 韓国語授業(9:00〜13:00) 文化体験2
1月1日(水) 元旦、祝日
1月2日(木) 韓国語授業(9:00〜13:00)
文化体験3
1月3日(金) 韓国語授業(9:00〜13:00) 修了式
帰国日 日本へ帰国、1月4日(土)までに寄宿舎を退室

 

  ※上記コース内容は、昨年2018年のものを参考にしたまでです。
   今年は内容が変更することもありますし、上記の日時で課外授業が行われる
   わけではありませんので、お気を付けください!

 

ソウル市立大(短期留学) 宿泊先のご案内

 

 ソウル市立大学校の上記短期コースにお申込され、宿泊先の手配もご依頼される
 方は、下記のソウル市立大寄宿舎をご紹介致します。
 長期課程とは違い、上記短期コース受講者全員寄宿舎に入居できるようです。
 ※ただし申込の人数次第になりますので、過度な期待はしないでいてください。
 なお学校近所にはコシテルもありますが、この短期課程においては寄宿舎のみと
 させていただきますので、その旨ご了承くださいませ。

 寄 宿 舎 (寮)

ソウル市立大寄宿舎1(400縮小).jpg
ソウル市立大寄宿舎4(400縮小).jpg
ソウル市立大寄宿舎11(縮小400).jpg
ソウル市立大寄宿舎5(400縮小).jpg
ソウル市立大寄宿舎13(400縮小).jpg
ソウル市立大寄宿舎16(400縮小).jpg
ソウル市立大寄宿舎18(400縮小).jpg
料金

上記にて料金記載 

設備

ベッド・机・本棚・エアコン・タンス・毛布・枕など。電圧は220Vのみ
※変圧器はありませんので、各自で用意していただきます。
※全て2人1部屋の洋室になります。  

洗面 シャワー室、トイレ洗濯機は共同使用。
※洗濯機はコインランドリーになっております。1回使用料W500
食事 寄宿舎内に食堂があるのでそこで食事をするか、寄宿舎内にある売店で売っている弁当やインスタントラーメン、パンなどを購入することになります。
また出前もお願いすることもでき、寄宿舎生の定番になってます。
寄宿舎館内は全て禁煙、喫煙所は1階や各階の非常階段脇になります。
建物は一つですが、中で男性と女性の部屋が分かれています。
男性は女性寮に、女性は男性寮に入れないように、しっかりとしたセキュリティになっています。
長所 学校内にあるので何かと楽な宿泊施設ですし、新しい建物なので、館内全てがきれいで住み心地はいいほうでしょう。
また何よりも寮費が安いです!他校のどの寄宿舎と比べても、これだけ安い金額はないですからね!短期コースの中では断トツの安さになります。
欠点 2人1部屋という韓国では当たり前の寮生活が、ストレスになる原因の一つになるかもしれませんし、ヘビースモーカーの方にはちょっときつく感じるかもしれません。