ソウル市立大学校(長期留学)

 

ソウル市立大学校・国際教育院
 

2013新語学堂1(縮小).jpg

◆留学アドバイザーからの一言◆
  
2010年よりご紹介を始めたまだ歴史の浅い学校ですが、毎年、毎学期ごとに受講
  される日本からの留学生は多く、日本人が多いと言われる大学の一つです!
  校内は特に大きくもなければ小さくもなく、ごくごく一般的な規模の学校ですが
  新しい学校ということもあり、キャンパスはとてもきれいで、雰囲気もいいです。
  そして、この学校の最大のアピールポイントは2つ!
  『授業料の安さ』プラス『寄宿舎(寮)があり、寄宿舎費も安い』ということ!
  学費は他校と比べてもかなり安いですし、それプラス寄宿舎費用もたいへん安い
  ので、留学資金重視でご留学を検討されてる方には、この学校は一番のお勧めに
  なります!留学資金を抑えられる上、寄宿舎があるのはとても大きいですよね。
  寄宿舎への入居を強く強〜くご希望される方は、この学校もぜひに候補に入れて
  いただきたいです。ただし!希望しても必ず入居できるわけではないですが…
  なお!寄宿舎はけっこう早くもう満室になってしまいますので、絶対に寄宿舎へ
  入居したいという方は、かなり早くにお申込されることをお勧め致しますよ。
  

  以前はアピールポイントの1つとして『日本人が少ない』とご案内してましたが
  それはもう昔の話で、今では日本からの留学生が非常に多い学校です。^^;
  一般的にどの学校も中国人が多いですけど、ここは日本人のほうが多いんです。
  
とにかく!お金がないので、できるだけ安く留学したい思われる方や、寄宿舎
  への入居期間を考え、1学期(約3ヶ月)限定で韓国へ留学したい!と考える方に
  この学校はお勧めできるかと思っています。^^


  ■寄宿舎についての返答
  この学校についてのお問合せもたくさんお受けしておりますが、その中でも特に
  寄宿舎についてのご質問がすごく多いです。
  ですが…弊社の手続き方法と皆様が各自個人で手配される場合では、異なること
  多々ありますので
弊社へ寄宿舎についてご質問されても、お役に立つご返答は
  できません。その旨
何卒ご理解とご了承ください。

  ■授業時間
  他の学校とは違い、この学校の授業時間はレベルによって異なります。
  1,3,5級になった場合には、他校同様に午前9時〜午後12時50分までなのですが
  
2,4,6級になった場合には、午後1時10分から午後5時までとなります。
  …となっておりましたが、2018年春学期よりそれが変更されました。
  2,4,6級も午前授業となり、つまりはどの級になっても午前授業になりましたので
  他校同様に、このソウル市立大学校もオール午前クラスに変わりました。^^

 

ソウル市立大学校2(縮小).jpg ソウル市立大学校29(縮小).jpg 娯楽室2(縮小).jpg
ソウル市立大内の学食 ソウル市立大キャンパス内 ソウル市立大内娯楽室

 


 

 2022年 ソウル市立大 長期課程日程

学期 レベルテスト日 授業開始日 授業終了日
春学期 2022年2月24日 2022年3月2日 2022年5月12日
夏学期 2022年5月27日 2022年5月30日 2022年8月9日
秋学期 2022年8月31日 2022年9月5日 2022年11月17日
冬学期 2022年11月30日 2022年12月5日 2023年2月14日
※寄宿舎の入居手配は先着順となっておりますので、寄宿舎の入居を希望する方は、できるだけお早めにお申込いただくことをお勧めします。

  入学手続きに関するご案内

提出書類 学費 登録対象
1.入学願書(写真貼付)
2.パスポートのコピー
3.写真3枚
4.最終学校の卒業証明書
 または在学証明書
1,400,000ウォン
内訳
1.入学金 50,000ウォン
2.授業料 1,350,000ウォン
高校卒業以上の方
また同等の学歴がある
と認められている方
その他
現在のレートはこちらをご参考ください。
※上記の料金は今現在のものです。これから先改定されることもあります。

        講座概要

授業期間 1日の授業数 1週間の授業数
10週間 4時間 20時間(月〜金)
総授業数=200時間
授業時間 開設レベル クラスの定員
9:00〜12:50
1級〜6級 12〜15名前後

   科目及び時間割

時間 午前クラス
1時間目 09:00〜09:50
2時間目 10:00〜10:50
3時間目 11:00〜11:50
4時間目 12:00〜12:50

    課外授業

学期 内容
各学期に1回以上 テコンドー体験
○南怡島(ナミソム)見学ツアー
○国立中央博物館見学ツアー

○韓国民俗村見学ツアー
○サムルノリ体験

○昌徳宮見学ツアー

○青瓦台(チョンワデ)/大統領官邸見学ツアー
○ミュージカル(ナンタ)観覧

 

  ※上記の各内容については、予告もなしに変更されることがあります。
   必ずしもここに記載されている通りではないということをご理解ください。

ソウル市立大学校(長期留学) 宿泊先のご案内

 

 

  ソウル市立大学校の上記コースにお申込みされ、宿泊先手配もご依頼される
  方は、下記のソウル市立大寄宿舎をご紹介致します。
  ただし寄宿舎の部屋数に限りがありますので、必ずしも入居できるわけでは
  ありませんのでお気を付けください。先着順になりますので、お早めに申込

  されることをお勧めします。
  また今現在、寄宿舎以外でご紹介できるのはコシテルのみとなります。

 生活館 寄宿舎 (寮)

ソウル市立大寄宿舎1(400縮小).jpg
ソウル市立大寄宿舎4(400縮小).jpg
ソウル市立大寄宿舎5(400縮小).jpg
ソウル市立大寄宿舎11(縮小400).jpg
ソウル市立大寄宿舎13(400縮小).jpg
ソウル市立大寄宿舎16(400縮小).jpg
ソウル市立大寄宿舎18(400縮小).jpg
 
料金

W520,000(1学期{約3か月}) 
保証金W100,000込
※保証金はチェックアウトの際に、器物破損など何もなければ返金されます

設備

ベッド・机・本棚・エアコン・タンス・毛布・枕など。電圧は220Vのみ
※変圧器はありませんので、各自で用意していただきます
※全て2人1部屋の洋室になります

洗面 シャワー室、トイレ洗濯機は共同使用
※洗濯機はコインランドリーになっております。1回使用料W500
食事 寄宿舎内には食堂があります。
そこで食事をするか、寄宿舎の中にある売店で売っている弁当やインスタントラーメン、パンなどを購入することになります
また出前もお願いすることもでき、寄宿舎生の定番になってます。
寄宿舎館内は全て禁煙。喫煙所は1階や各階の非常階段脇になります
建物は一つですが、中で男性と女性の部屋が分かれています
男性は女性寮に、女性は男性寮に入れないように、しっかりとしたセキュリティになっています。
※注意事項
ソウル市立大のこの寄宿舎の決まりとして、ここに滞在できるのは入学した最初の1学期(約3カ月)のみとなります。もしも引き続き受講されるにしても、2学期目は必ず退室しなければならないということです。
一見これだけ聞くと「じゃあ不便じゃない!」と思われるかもしれませんが、他校の寄宿舎のように入居できれば受講し続ける限り、寄宿舎にも引き続き滞在できるようになると、新しく入居されたい方に空き部屋ができません。
ですが!このようなシステムのおかげで、これからソウル市立大へご留学し、寄宿舎への滞在を希望されてる多くの方に、入居できる機会が増えますので、私個人的にはこのやり方もありだと思いますし、いいと思っています。
長所 学校内にあるので何かと楽な宿泊施設ですし、新しい建物なので、館内全てがきれいで住み心地はいいほうでしょう。
また何よりも寮費が安いです!他校のどの寄宿舎と比べても、これだけ安い金額はないですからね!※1か月あたり約13,000円(一般下宿代の約3分の1)
欠点 2人1部屋という韓国では当たり前の寮生活が、ストレスになる原因の一つになるかもしれませんし、館内禁煙ですので、ヘビースモーカーの方にはちょっときつく感じるかもしれませんね。^^;

 

 コ シ テ ル(or リビングテル)

清涼里コシテル1(縮小150).jpg 清涼里コシテル2(縮小150).jpg 清涼里コシテル3(縮小150).jpg
  清涼里コシテル4(縮小150).jpg   清涼里コシテル食堂(縮小150).jpg   清涼里コシテル5(縮小150).jpg
料金

ソウル市立大まで歩いて行けるところにあるコシテル
全室室内シャワー&トイレ付
外窓なし部屋 W400,000/1か月
外窓あり部屋 W450,000〜W500,000/1か月

※料金の違いは各コシテルによって違うが、一般的には部屋の大きさや外窓の有無で料金が変わってきます。

設備

約3畳〜4.5畳ほどの部屋を一人で使用。 部屋の大きさにより家賃が違う。各部屋にベッド、本棚、テレビ、ミニ冷蔵庫、シャワー&トイレが完備。また部屋でインターネット接続可。  

洗面 トイレ&シャワー付きの部屋では個人で使用可能。洗濯機は共同で使用。 
食事 簡易キッチンがあるので自炊ができます。ご飯やキムチ、ラーメン、コーヒー、お茶などは無料提供。好きなだけ食べることができる。
今ではコシウォン、コシテル、リビングテルにワンルームテルと、名前は違うが設備等似ている宿泊施設が多く存在しています。韓国留学専門社ではわかりやすく、シャワー&トイレ付の部屋がある施設をコシテルと呼んでいます。
長所 個人で使用できるシャワー&トイレがあることが一番の特徴でしょう。共同で使用するのに抵抗がある方はこちらの施設がいいですね。また最近のコシテルは新築のところや改装されたところが多くかなりきれいです。※上記の写真は実際見学して私が撮ってきました。やはり写真はきれいに写ってしまいますが、ここは比較的写真通りと思っていただいても大丈夫です。 
欠点 狭いです。それにつきます。部屋内はベッドと机でほとんどのスペースを取られてしまううえに、そこにシャワー&トイレ室が付いてますので、かなり狭いです。写真ではどうしても実物より広く見えてしまいますが、想像以上に狭いですので、部屋の大きさに関しては決して期待しないでください。