Q.航空券はどうやって購入したらいい?

 

 
 留学したことはなくても、海外旅行経験のある方が多いせいか、今現在では韓国へ
 留学するにあたり、ご自身で航空券をお取りになられる方が多いです。
 でも!「海外旅行は初めてで飛行機に乗ったことがないから、どう航空券を取れば
 いいかよくわからない」という方もいらっしゃいます。
 
 ということで
ここでは、そんな海外渡航は初めてという方や、自分で航空券を購入
 したことがないという方のために、航空券に関してや航空券の取り方などについて
 簡単ではありますが、ご案内させていただきます。
 非常に基本的なことですし、航空券については専門ではありませんので、とっても
 簡単な案内になりますが、参考の一つにでもなればと思います。
 
 
注:「航空券を購入するのは初めて」という方のための基礎的な内容です。
    ご自身で航空券を取られたことのある方には、必要のないページです。
 
 

@航空券の種類

 

 
 一口に航空券と言っても、いろいろなタイプがあります。
 韓国留学するにあたり、留学生が利用する一般的な航空券は、正規運賃の航空券
 正規の割引航空券、そして格安航空券などがあります。
 では!それぞれの航空券について、基本的なことをご案内させていただきます
 

■正規運賃航空券(ノーマルチケット) ×

いわゆる通常の航空券。
便名指定や事前に座席も確保できる、一番確実な航空券ですが、フライト時間約2時間程の韓国留学では、あまりお勧めできません。
まあ何より運賃が地番高いので、これを選択されることはないでしょう!

 

■正規割引航空券(PEXチケット) △

別名ペックスチケット。
この航空券には大きく分けて、下記の3種類があります。
 
@IATAペックス運賃
 日本発着の航空会社が異なっても割引になる航空券。但し運賃は割引運賃の
 中でも割高になります。行き帰りにて別の航空会社を利用されても、運賃は
 基本的に同じです。
 
Aゾーンペックス運賃
 日本発着の航空会社を同じすることによって割引になる航空券。
 各航空会社が独自に運賃を設定しており、利用航空会社のよって若干金額に
 差が出ます。発券後に一定の手数料を払うことで、一部変更が可能な方面・
 航空会社もあります。
 
Bアペックス運賃
 上記ゾーンペックスの利用条件に加え、航空券の購入を早くすることにより
 さらに割引になる航空券。販売や購入期間が何段階かに分かれており、早い
 時期に購入すればするほど割引が大きくなる。通常、発見後の変更は不可。

 

■格安航空券 ○

海外旅行で購入されることの多い航空券。
インターネットなどで販売されている、一番手頃で安い航空券を求めるならば迷わずこれがいいですね。
ただ、格安航空券を購入されるにあたり、下記のことに気をつけてください。
1.特殊な航空券なので、渡航日程は必ず事前に確かめておかなければならない
2.発券後は変更が可能なものとそうでないものがあって、出発日より逆算して
 一定の期間が過ぎたら、変更や取り消しに手数料がかかってくる
上記の通り、安いだけにいろいろなデメリットもありますが、しっかり出発日を決めておけば特に何も問題はありません。これから留学生活をスタートさせできるだけ韓国で使えるお金を残しておくためにも、航空券を購入するならば低価格である格安航空券でお取りになられることを、一番お勧め致します。


 
 

A航空券の基礎知識

 

 
 それでは次に!航空券を購入するにあたってよく耳にする『オープンチケット』
 『FIXチケット』についてや『往復航空券』『片道航空券』についてのご案内を
 していきましょう。
 
 A『往復航空券』と『片道航空券』
 まず単純に、短期留学する方や個人レッスンで韓国に行く方は、往復航空券で渡韓
 すると思ってください。片道航空券のことは最初から考えなくていいです!
 短期留学は短くて4日間(ジオスコリアの短期)〜最大で3週間(各大学語学堂)です
 ので、出発日も帰国日もあらかじめきちんと決めることが出来ます。
 @航空券の種類でご案内している、格安航空券で往復航空券を購入するのが一般的
 です。それに!基本短期間では、片道航空券を購入することができませんからね!
 
 長期留学やワーキングホリデーで留学される方の場合は、ご出発前の時点で帰国日
 を決めるのは難しいと思います。ご留学後の韓国での生活や流れにより、当初予定
 していた期間よりも長く滞在される可能性もありえますし、逆に予定よりも早くに
 帰国される場合だってありえます。ですので往復航空券のオープンチケットを購入
 することをお勧め致します。※オープンチケットについては下記でご説明します。
 また片道航空券を購入されるのもいいですが、片道と言っても必ずしも往復航空券
 の半分の料金になるわけではないので、実際は高くつくこともあります。
 もちろん留学後の予定や状況等によっては、片道航空券のほうがいいという場合も
 ありますので、片道航空券は絶対にダメ!というわけではないですが、できるだけ
 航空券代に無駄なお金を使わないためにも、片道航空券よりもオープンチケットの
 往復航空券がよろしいかと思います。
 
 B『FIXチケット』と『OPENチケット』
 上記の往復航空券を購入される際に、よく耳にするのがこの2種類の航空券です。
 『FIXチケット』『OPENチケット』という往復航空券です。

FIXチケット 航空券の購入時に出発日はもちろん、帰国日を指定しなければ
ならない往復航空券のことです。要するに帰国日が変更できない
固定された航空券のことです。
必ず購入時にお取りになったその日でないといけません。
不便に思うかもしれませんが、短期留学の方にとっては帰国日を
変更することはあまりないので、このFIXチケットでいいかと。
メリットは、オープンチケットよりも安く購入できることです。
OPENチケット FIXチケットが、帰国日を変更できない融通の利かない航空券に
対して、このオープンチケットは事前の帰国日設定が不要なので
現地で都合のよい日時を自由に選択することができて便利です。
帰国日がいつになるか?、出発前にはまだわからない長期留学の
方やワーキングホリデービザで留学される方に適してます。
ただし!料金はFIXチケットよりも高くなってしまいます。


           各留学(短期・長期・WH)に適した航空券

  短期留学 長期留学 ワーキングホリデー
種類 格安航空券 格安航空券
正規割引航空券
格安航空券
正規割引航空券
設定 FIXチケット FIX・オープンチケット FIXオープンチケット
相場 2〜5万円 5〜8万円 5〜8万円

 ※あくまで超基本的なご案内です。詳しくは航空会社にお問い合わせください。
 
 

B航空券の取り方

 

 
 それでは!実際に航空券を購入するにはどうしたらいいのか?
 あくまで基本的で、すでに皆様もご存じの内容かもしれませんが、航空券を初めて
 購入される方のためにご案内致します。

購入先 方法
旅行会社 いわゆる旅行代理店で購入するということです。
例えば有名な『H.I.S.』とか『JTB』などを筆頭に、そういう
旅行会社で航空券を買うことができますし、初めては代理店の
プロの方にお任せすると安心できますのでお勧めです。
よく「今まで韓国へ旅行した時は、それこそ旅行会社のツアー
旅行を申込んだことあるけど、そんな旅行代理店でツアー申込
ではなく航空券だけも買える?」なんて質問をお受けしますが
もちろん旅行会社で航空券だけも買えますよ。^^
初めてだからどうしていいかわからなくても、代理店へ行って
「いつから韓国へ行くので、航空券の手配をお願いしたい!」
そうお願いすれば、後はお店の方がいろいろ教えてくれます。
それに従いいい便の航空券があれば、それに決めて購入すれば
もうそれだけでOKです!簡単です。
インターネット 今の時代、やはり簡単に購入するならネットからですね。
旅行代理店に行くのが面倒、忙しくてなかなか行けないという
ことでしたら、インターネットで購入されてもいいですよ。
『格安航空券』等で検索すればいろんな案件が出てきますので
各内容を見比べ、料金や到着時間などで都合いい便の航空券が
見つかれば、それで購入してもいいです。
ただ…インターネットでの購入はとても便利で楽ですが、どの
代理店ならば大丈夫なのかよくわかりませんし、怪しい会社も
ありますので、その辺の見極めが難しいです。
くれぐれも用心して購入してくださいね。


 他にも様々な購入方法があると思いますが、まあ航空券を買うなら旅行代理店でか
 ネットからで十分だと思います。初めては何もわからなく不安だとは思いますけど
 でもこれを一度経験してしまえば、そしてこれを留学前に経験することで、留学後
 日本に一時帰国する時や、後にまた韓国へ行ったり、他国へ行く航空券を購入する
 時にはもう気軽にできますので、この韓国留学を機に、海外へ行く航空券の購入の
 仕方を覚えちゃいましょう!^^