弘益大学校(長期留学)

 

弘益大学校・国際言語教育院
 

2015秋 弘益大1(縮小).jpg 

  ◆留学アドバイザーからの一言◆
  
弊社で一番お勧めしたい学校が、この弘益大学校です。
  延世大や西江大、梨花女子大などといった、各名門学校の隣町にある学校なので
  立地的にも申し分ないのに、日本ではまだそれらの各校ほど日本からの留学生は
  多くないというのが一つ目のポイント。
  ※と言いましても、年々日本人留学生は増加し続けておりますけどね…^^;
  また芸術系の大学だけに、学園祭などのイベント行事等では、他校とはちょっと
  違った雰囲気を楽しめます。そしてこの学校を取り囲む街並みは、芸術色が強く
  韓国ソウルの中でも、比較的日本に近い雰囲気を持ったところかと。
  毎週末正門前の公園でフリーマーケットなども行われ、楽しめることでしょう♪
  そんな学校周辺の環境も、この学校の大きなウリポイントになります。
  そして学費は弊社で紹介している各学校の中でも安いほうですので、長期間でも
  特に1年以上留学したいという方には、経済的な面でもお勧めできます。
  
  また、数年前にご留学された方々のご意見などを比較すると、最近のこの学校に
  対する感想が変わってきてまして、昨年や今現在受講されてる方々からの評価が
  
実によく、現在留学中の学生からは「先生との距離が近くとても親切でいい」
  この学校の先生の評判がよく、授業やクラスの雰囲気がとてもいいんですね。
  韓国語の勉強が一番というのは当然のことですが、プラス雰囲気を重視という方
  できるだけ安い学費の学校、そして韓国語の勉強だけでなく、韓国生活を楽しみ
  たいということでしたら、この学校はまさに一番のお勧めです!
  韓国語の語学勉強だけでなく、今の韓国の文化や流行、皆様と同じ韓国の若者の
  スタイルが凝縮されたこの街で過ごす韓国留学はエキサイティングかと!^^
  ですので!逆に言いますと、少し上の年代や落ち着いてのんびり過ごされないと
  お考えの方には、あまり積極的にはお勧めはできないかも…。
  特にここ1〜2年では、この学校へ留学される年齢層もぐっと下がり、高校卒業
  してすぐの18、19歳、20代前半の若い方が多くなっていますからね。
  
  
  ■トウミ制度
  外国人留学生の韓国語の学習や、韓国での生活のお手伝いをしてくれる韓国人の
  友達(弘益の大学生)を紹介してくれます。
  なお、以前はご留学された最初の1学期目のみ、トウミの相手を紹介してもらえ
  ましたが、今現在は2学期目でもトウミを希望することができますよ〜!^^
  

弘益大正門(縮小).jpg 弘益大語学堂1(縮小).jpg 2015秋 弘益大3(縮小).jpg
弘益大の正門前 弘益大語学堂 弘益大語学堂入口 

 

弘益大教室1(縮小).jpg 弘益大教室2(縮小).jpg 弘益大教室5(縮小).jpg
語学堂の教室1 語学堂の教室2 語学堂の教室3
弘益大教室4(縮小).jpg 弘益大郵便局(縮小).jpg 弘益大周辺(縮小).jpg
語学堂内のラウンジ 弘益大の郵便局 弘益大の周辺

 2020年 弘益大 長期課程日程
学期 レベルテスト日 授業開始日 授業終了日 受付締切日
春学期 2020年3月3日 3月9日 5月15日 12月25日
夏学期 2020年6月2日 6月8日 8月14日 3月25日
秋学期 2020年9月1日 9月7日 11月13日 6月24日
冬学期 2020年12月1日 12月7日 2021年2月12日 9月23日
  入学手続きに関するご案内
提出書類 学費 登録対象
1.入学願書(写真貼付)
2.パスポートのコピー
3.写真2枚
4.最終学校の卒業証明書
5.自己紹介書
6.海外保険のコピー
1,700,000ウォン
内訳
1.入学金 50,000ウォン
2.授業料 1,650,000ウォン
高校卒業以上の方
また同等の学歴がある
と認められている方
その他
現在のレートはこちらをご参考ください。
※上記の料金は今現在のものです。これから先改定されることもあります。
        講座概要
授業期間 1日の授業数 1週間の授業数
10週間 4時間 20時間(月〜金)
総授業数=200時間
授業時間 開設レベル クラスの定員
9:00〜13:00 1級〜6級 10〜15名前後


  ※上記の各内容については、予告もなしに変更されることがあります。
   必ずしもここに記載されている通りではない…ということをご理解していてください。

 

弘益大学校(長期留学) 宿泊先のご案内

 

  弘益大の上記長期課程にお申込を希望され、宿泊先の手配もご依頼される方に
  下記の各宿泊先をご紹介致します。
  下宿先コシテルは、学校近辺もしくはお隣の街(新村)にある宿泊先をご紹介
  してますが、その時の状況により必ずしも手配出来るわけではありません。
  どうぞその旨、事前にご了承くださいませ。

 

下    宿

新村下宿室内2(400縮小).jpg
     下宿部屋11.jpg
共同シャワートイレ(400縮小).jpg
新村下宿内食堂1(縮小400).jpg
料金

W500,000〜W650,000/1か月 ※21日以上31日まで

設備

約4.5〜6畳ほどの部屋を一人で使用。 各部屋に机(テーブル)ベッド(布団)が用意されている。最近ではどの下宿先にもテレビが設置されているが、必ずあるとは限らないので注意! 

洗面 トイレ&シャワー共同。 それぞれが分かれているところもある。また洗濯機がシャワー&トイレ内に設置されていることもあります。
食事 朝・夕食付き。各下宿に食堂があり、決められた時間に食べに行きます。
(例)朝食:7:00〜9:00 夕食:18:00〜20:30
※週末はご飯が出ないという下宿先もけっこうあります。
トイレットペーパー各自用意のところが多く、日本とは違い備え付けられていないので、最初はとまどうことでしょう。また最近ではほとんどの下宿先で、インターネットが接続できるようになりました。別途でネット代を支払うところもあれば無料のところもあります。
長所 下宿の一番の良さは、何といっても朝食と夕食が食べれることです。毎日用意してもらえるのですから、こんなに楽なことはないですね!また下宿人はほとんどが日本人か在日韓国人になると思いますが、この新村地域には、延世大や梨花女子大や西江大などもあるため、違う学校の留学生とコミュニケーションが取れて、ネットワークが広がります。韓国に行ってまで日本語で話したくないと思われますが、その日本語の会話の中から、留学生同士ならではの情報を得られることもあります。 
欠点 やはり共同でシャワーやトイレを使用するので、衛生面等が気になるかもしれません。また朝の忙しい時はトイレ&シャワーの奪い合い戦争が勃発!使いたい時に使えないのがきついです。そして一番の欠点が、夏の昼間は部屋にいれないほどすごく暑いです…。また冬はオンドルが効いて温かいですが、部屋によってその温度差が異なることと、大家さんのさじ加減で調整させられてしまうので、その点が困りものです。

 

 

 コ シ テ ル(or リビングテル)

コアリビングテル1(400縮小).jpg 
コアリビングテル2(400縮小).jpg
コアリビングテル4(400縮小).jpg
コアリビングテル5(400縮小).jpg
コアリビングテル6(400縮小).jpg
料金

W450,000〜W600,000/1か月
※料金の違いは各コシテルによって違うが、一般的には部屋の大きさや外窓・内窓の違い、またシャワーの付いている部屋とそうでない部屋で料金が変わってくる。またほとんどのところで入居前に予約金が発生。事前送金しなければなりません。

設備

約3畳〜4.5畳ほどの部屋を一人で使用。 部屋の大きさにより家賃が違う。各部屋にベッド、本棚、テレビ、ミニ冷蔵庫、シャワー&トイレが完備。また部屋でインターネット接続可のところがほとんどです。  

洗面 トイレ&シャワー各部屋についてる。 洗濯機は共同で使用可。
場所によっては、シャワーは部屋に完備されていても、トイレだけは共同というところもあります。
食事 簡易キッチンがあるので自炊ができます。ご飯やラーメン、お茶などは無料提供。好きなだけ食べることができる。
今ではコシウォン、コシテル、リビングテルにワンルームテルと、名前は違うが設備等似ている宿泊施設が多く存在しています。韓国留学専門社ではわかりやすく、シャワー&トイレ付の部屋がある施設をコシテルと呼んでいます。
長所 個人で使用できるシャワー&トイレがあることが一番の特徴でしょう。共同で使用するのに抵抗がある方はこちらの施設がいいですね。また最近のコシテルは新築のところや改装されたところが多くかなりきれいです。※ただし!上記のような写真の通りだとは決して思わないでください。 
欠点 コシウォン同様に狭いです。とにかく狭い。部屋内はベッドと机でほとんどのスペースを取られてしまううえに、そこにシャワー&トイレ室が付いてますので、かなり狭いです。写真ではどうしても実物より広く見えてしまいますが、想像以上に狭いですので、部屋の大きさに関しては決して期待しないでください。また室内が良くても、そのコシテル自体の立地がいいとは限りません。暗い道を歩いたところにあったり、居酒屋やカラオケボックスの上の階にあるところも多いです。そしてこれもコシウォン同様に、もし火災などがあった場合などの安全面は極めて悪いです。