梨花女子大学校(長期留学)

 

梨花女子大学校・言語教育院
 

梨花女子大外観2(450縮小).jpg

◆留学アドバイザーからの一言◆
  
延世大学校と並び、韓国ソウルで名実共に優れた名門の女子大学です。
  この学校は何と言っても寄宿舎があるので、それ理由で受講する方も多いです。
  弊社がご案内している学校の中でもこの学校の寄宿舎は素晴らしく、新寄宿舎は
  当然新しくきれいでいい建物です。ただ!入居希望者が非常に多いので必ずしも
  入居できるわけではありません。^^;
  寄宿舎をご希望される方は、入居不可だった場合は他の宿泊先でもいい!という
  ことを条件に選択してくださいね。
  この学校は、昔も今も人気は変わらずなのですが、実は数年前と比べてここ数年
  日本からの留学生が減少しています。ですがそれは決して学校が良くないと言う
  ことではなく、延世大同様にこの学校も日本人が多いという先入観が強く、それ
  により自然と、以前に比べて留学生数が減少している傾向があります。
  もちろん超有名校ですので、それでも他校と比較すれば日本人は多いほうですが
  数年前に比べたら…けっこう少なくなりましたので、日本人率を気にされる方は
  その点では、まあまあ狙い目の学校だとは思います。

  ※注:↑こうしてご案内していますが、ここ最近はまた息を吹き返し、日本から
      の留学生数が増加しています。その年、その学期ごとにけっこう変動が
      ありますので、あくまでこれまでデータとしてご理解ください。^^
  
  ◎この学校のお勧めポイントは、ずばり『一番無難』ということです。
  聞こえはあまりよくないかとも思いますが、いい意味で授業レベルもいいですし
  授業料も他校と比較すると、ちょっと高いくらいの価格で、上記でもご案内して
  いるように、有名校の中では日本からの留学生数がやや少なめ、そして宿泊先が
  各施設(下宿、寄宿舎、コシテルなど)から選択できるという立地条件の良さから
  全ての面において平均的ということでお勧めできるのです。

 

2008冬梨花女子大(縮小).jpg 言語教育院校内2(縮小).jpg 梨花女子教室内(縮小).jpg
梨花女子大・言語教育院 言語教育院内ロビー 言語教育院内の教室

 


 

 2020年 梨花女子大 長期課程日程

学期 レベルテスト日 授業開始日 授業終了日 受付締切日
春学期 2020年3月10日 3月13日  2020年5月27日 1月8日
夏学期 2020年6月16日 6月19日 2020年8月27日 3月25日
秋学期 2020年9月8日 9月11日 2020年11月25日 6月24日
冬学期 2020年12月8日 12月11日 2021年2月24日 9月23日

  入学手続きに関するご案内

提出書類 学費 登録対象
1.入学願書(写真貼付)
2.パスポートコピー
3.最終学校の卒業証明書
または在学証明書
4.残高証明書
※2学期以上の方のみ
1,780,000ウォン
内訳
1.入学金 60,000ウォン
2.授業料 1,720,000ウォン
※2018年の料金です
高校卒業以上の方
また同等の学歴がある
と認められている方
その他
※現在のレートはこちらをご参考ください。
※上記の料金は今現在のものです。これから先改定されることもあります。

        講座概要

授業期間 1日の授業数 1週間の授業数
10週間 4時間 20時間(月〜金)
総授業数=200時間
授業時間 開設レベル クラスの定員
9:00〜13:00 1級〜6級 10〜15名

      講座課程

レベル 内容
1級 ○ハングルの読み書きができる。
○日常生活で使われる基礎韓国語を使いこなせる。
○日常的なテーマで書かれた短い文の読み・書きができる。
2級 ○日常生活における様々な出来事に、適切な表現で対応できる。
○日常的なテーマで書かれた様々な種類の文の読み書きができる。
3級 ○複雑な日常会話と簡単な社会生活の場で、意見を主張できる。
○身近な社会的テーマで、様々なテーマの文を読み書きできる
4級 ○緊急の問題に韓国語で対応でき、格式ある討論の場で自分の考えを
 表現できる。
○社会的、抽象的なテーマの文章を理解でき、多くの段落で構成された
 文を理路整然と書くことができる。 
5級 ○政治・経済・社会・歴史など、社会全般の問題に関して自分の考えを
 主張できる。
○時事的なテーマの記事、広告、批評などを読んで理解でき、同じ種類
 の文章を書くことができる。
○韓国社会と関係したテーマで、簡単なプロジェクトを進められる
6級 ○専門的なテーマについて、高度な表現を使って議論できる。
○ニュース、テレビ討論など様々な視聴覚資料を聞いて理解できる。
○リポート、小論文などを作成できる。

 

  ※上記の各内容については、予告もなしに変更されることがあります。
   必ずしもここに記載されている通りではない…ということをご理解ください。
  
  

梨花女子大学校(長期留学)

 梨花女子大の上記の長期コースにお申込され、宿泊先の手配もご依頼される方は
 下記の各宿泊先をご紹介致します。
 寄宿舎たいへん人気があり、競争率が非常に高いですので、希望をすれば必ず
 しも入居できるわけではありません。その旨事前にご理解していてくださいね。

 また下宿先コシテルなどもご紹介しておりますが、その時の状況によって必ず
 手配出来るわけではありませんので、それについても事前にご了承ください
。  

 

寄 宿 舎 (寮)

生活館室内2(400縮小).jpg
生活館室内3(400縮小).jpg
部屋全体(400縮小).jpg
バス・トイレ(400縮小).jpg
料金

※料金はその年、その学期ごとに変わることがあります。
  ですので、ここでは記載しておりません。

設備

上記の各寄宿舎によって異なるが、一人一部屋と二人一部屋が一般的。 各部屋には机、ベッド、棚、冷蔵庫、電話などが設置されている。パソコンルームやジムなどの共同施設がある。また部屋でインターネット接続できる。  

洗面 大学院の寄宿舎はトイレ&シャワー共同。学生館は各部屋にシャワー&トイレが備え付けられている。また洗濯機はどこも地下などにあり、毎回お金が必要なコインランドリーがほとんど。
食事 学生館の寄宿舎には食堂があるので、そこで食事をとります。味は決して褒められませんが安さが魅力です。また売店もあります。大学院の寄宿舎には食堂がないため、食事を取る際には一度寄宿舎から外に出なければなりません。
施設は違えど寄宿舎も共同生活の場です。迷惑をかけたり自分勝手な行動は避けましょう。また規則や門限は守りましょう!※大学院寄宿舎は特に門限はありません。
長所 キャンパス内にあるので毎日の教室通いが楽!室内設備においても、必要最低限のものが揃っているので生活はしやすい。 
欠点 やはり何にしても便利で生活が快適な施設だけに、寄宿舎人気は留まることをしりません。競争率が高いので入居が困難です。  

 

下    宿

新村下宿室内1(400縮小).jpg
新村下宿室内2(400縮小).jpg
下宿部屋2(400縮小).jpg
新村下宿内食堂1(縮小400).jpg
新村下宿先シャワートイレ(400縮小).jpg
料金

W500,000〜/1か月 ※21日以上31日まで

設備

約4.5〜6畳ほどの部屋を一人で使用。 各部屋に机(テーブル)ベッド(布団)が用意されている。最近ではどの下宿先にもテレビが設置されているが、必ずあるとは限らないので注意! 

洗面 トイレ&シャワー共同。 それぞれが分かれているところもある。また洗濯機がシャワー&トイレ内に設置されていることもあります。
食事 朝食・夕食付き。各下宿に食堂があります。決められた時間に食べに行きます。
(例)朝食:7:00〜9:00 夕食:18:00〜20:30
※週末はご飯が出ないという下宿先もけっこうあります。
トイレットペーパー各自用意のところが多く、日本とは違い備え付けられていないので、最初はとまどうことでしょう。また最近ではほとんどの下宿先で、インターネットが接続できるようになりました。別途でネット代を支払うところもあれば無料のところもあります。
長所 下宿の一番の良さは、何といっても朝食と夕食が食べれることです。毎日用意してもらえるのですから、こんなに楽なことはないですね!また下宿人はほとんどが日本人か在日韓国人になると思いますが、梨花女子大のある新村地域は、延世大や西江大などもあるため、違う学校の留学生ともコミュニケーションが取れ、ネットワークが広がります。韓国に行ってまで日本語で話したくないと思われますが、その日本語の会話の中から、留学生同士ならではの情報を得られることもあります。 
欠点 やはり共同でシャワーやトイレを使用するので、衛生面等が気になるかもしれません。また朝の忙しい時はトイレ&シャワーの奪い合い戦争が勃発!使いたい時に使えないのがきついです。そして一番の欠点が、夏の昼間は部屋にいれないほどすごく暑いです…。また冬はオンドルが効いて温かいですが、部屋によってその温度差が異なることと、大家さんのさじ加減で調整させられてしまうので、その点が困りものです。

 

 コ シ テ ル(or リビングテル)

新村コシテル室内2(400縮小).jpg
新村コシテル室内6(400縮小).png
新村コシテル館内10(400縮小).png
ロハスリビングテル室内6(400縮小).jpg
料金

W450,000〜W550,000/1か月
※料金の違いは各コシテルによって違うが、一般的には部屋の大きさや外窓・内窓の違い、またシャワーの付いている部屋とそうでない部屋で料金が変わってくる。またほとんどのところで入居前に予約金が発生。事前送金しなければなりません。

設備

約3畳〜4.5畳ほどの部屋を一人で使用。 部屋の大きさにより家賃が違う。各部屋にベッド、本棚、テレビ、ミニ冷蔵庫、シャワー&トイレが完備。また部屋でインターネット接続可のところがほとんどです。※ただし、テレビは必ずしもあるとは限りません。

洗面 トイレ&シャワー各部屋についてる。 洗濯機は共同で使用可。
場所によっては、シャワーは部屋に完備されていても、トイレだけは共同というところもあります。※イージーコリアンアカデミー付近のコシテルがそうです。
食事 簡易キッチンがあるので自炊ができます。ご飯やラーメン、お茶などは無料提供。好きなだけ食べることができる。
今ではコシウォン、コシテル、リビングテルにワンルームテルと、名前は違うが設備等似ている宿泊施設が多く存在しています。韓国留学専門社ではわかりやすく、シャワー&トイレ付の部屋がある施設をコシテルと呼んでいます。
長所 個人で使用できるシャワー&トイレがあることが一番の特徴でしょう。共同で使用するのに抵抗がある方はこちらの施設がいいですね。また最近のコシテルは新築のところや改装されたところが多くかなりきれいです。※ただし!上記のような写真の通りだとは決して思わないでください。 
欠点 コシウォン同様に狭いです。とにかく狭い。部屋内はベッドと机でほとんどのスペースを取られてしまううえに、そこにシャワー&トイレ室が付いてますので、かなり狭いです。写真ではどうしても実物より広く見えてしまいますが、想像以上に狭いですので、部屋の大きさに関しては決して期待しないでください。また室内が良くても、そのコシテル自体の立地がいいとは限りません。暗い道を歩いたところにあったり、居酒屋やカラオケボックスの上の階にあるところも多いです。そしてこれもコシウォン同様に、もし火災などがあった場合などの安全面は極めて悪いです。