Cコシテル…コシウォンにシャワートイレ室をプラスした施設

 

 
 
 
たしかにシャワートイレ付きの部屋は魅力だし、写真で見るときれいですが…

 コシウォン+ホテル=コシテルと言います。別名リビングテルといも言います。
 コシウォンではシャワーやトイレは共同で使用するものですが、コシテルの場合
 各部屋にシャワー&トイレ室がるので、各自お一人で使用できます。
 当然コシウォンより家賃は
高くなりますが、人との交流を避けたい方や潔癖症の
 方には向いていると思います。
 またコシテルはコシウォンに比べて、若干…ほんの若干ですが部屋は広いです。
 
 部屋に個人で使用できるシャワートイレがついていることで、共同施設はイヤと
 いう方がコシテルへの入居を希望されますが、その点にだけ注目され他のことを
 見逃していることが多いです。コシテル内には窓のない部屋もけっこう多くあり
 入居前はあまり気にならなった人でも、実際にそんな部屋で生活を始めてみると
 初めてその違和感や圧迫感を感じ、抵抗を持たれる方も少なくありません。
 また各コシテルのホームページの館内の写真が、かなりきれいにまた広く写って
 いるので、それで期待してしまいがちですが、実際は写真と全然違うということ
 もよくあります。下記の各写真もかなりきれいに写ってますが、実際は…という
 ところもけっこうあります。^^;
 
 ※現在コシウォンやコシテル、リビングテルなど様々な言い方があり、その区別
  に境界線はないので、弊社ではわかりやすく下記のように区分けしています。

  ○コシテル、リビングテル、ワンルームテル=室内にシャワートイレがある

  ○コシウォン=室内にシャワートイレはない。シャワートイレは共同使用
 

 コ シ テ ル(or リビングテル)

■慶熙大付近にあるコシテル
慶熙大コシテル室内3(縮小150).jpg 慶煕大コシテル室内2(縮小150).jpg 慶熙大コシテルシャワートイレ(縮小150).jpg
■成均館大付近にあるコシテル
成均館大コシテルA室内2(縮小150).jpg 成均館大コシテルB室内2(縮小150).jpg 成均館大コシテルB室内5(縮小150).jpg
■高麗大付近にあるコシテル
高麗大コシテル室内A(縮小150).jpg 高麗大コシテル室内C(縮小150).jpg 高麗大コシテル食堂(縮小150).jpg
■新村(延世・梨花・弘益・カナダ等)にあるコシテル
新村コシテル室内1(縮小150).jpg 新村コシテル室内2(縮小150).jpg 新村コシテル室内4(縮小150).jpg
料金

W400,000〜W600,000/1か月
※料金の違いは各コシテルによって違うが、一般的には部屋の大きさや外窓・内窓の違い、またシャワーの付いている部屋とそうでない部屋で料金が変わってくる。またほとんどのところで入居前に予約金が発生。事前送金しなければなりません。

設備

約3畳〜4.5畳ほどの部屋を一人で使用。 部屋の大きさにより家賃が違う。
各部屋にベッド、本棚、テレビ、ミニ冷蔵庫、シャワー&トイレが完備。また部屋でインターネット接続可のところがほとんどです。  

洗面 トイレ&シャワー各部屋についてる。 洗濯機は共同で使用可。
場所によっては、シャワーは部屋に完備されていても、トイレだけは共同というところもあり。※イージーコリアンアカデミー付近のコシテルがそうです。
食事 簡易キッチンがあるので自炊ができます。
ご飯やラーメン、お茶などは無料提供。好きなだけ食べることができる。
基本的にどのコシテルも禁煙です。タバコを吸う場合は、灰皿が設置されている場所(主に屋上か玄関)でのみになります。
今ではコシウォン、コシテル、リビングテルにワンルームテルと、名前は違うが設備等似ている宿泊施設が多く存在しています。韓国留学専門社ではわかりやすく、シャワー&トイレ付の部屋がある施設をコシテルと呼んでいます。
長所 個人で使用できるシャワー&トイレがあることが一番の特徴でしょう。共同で使用するのに抵抗がある方はこちらの施設がいいですね。また最近のコシテルは新築のところや改装されたところが多くかなりきれいです。※ただし!上記のような写真の通りだとは決して思わないでください。 
欠点 コシウォン同様に狭いです。とにかく狭い。部屋内はベッドと机でほとんどのスペースを取られてしまううえに、そこにシャワー&トイレ室が付いてますので、かなり狭いです。写真ではどうしても実物より広く見えてしまいますが、想像以上に狭いですので、部屋の大きさに関しては決して期待しないでください。また室内が良くても、そのコシテル自体の立地がいいとは限りません。暗い道を歩いたところにあったり、居酒屋やカラオケボックスの上の階にあるところも多いです。そしてこれもコシウォン同様に、もし火災などがあった場合などの安全面は極めて悪いです。
   

 

               コシテルに関するアドバイス

 

 
 コシテルの室内や設備はこんな感じです!
 
 上記でもご案内している通り、コシテル
の各室内にはベッドや机、冷蔵庫や収納棚
 の他に、下宿にはないシャワーとトイレがあります。
 潔癖症の方や、他の人と同じシャワーとかトイレを使いたくないという方に適した
 宿泊施設で、今は下宿よりもコシテルのほうが人気があります。
 「じゃあ迷わずためわらず私もコシテル!」と思われるかもしれませんが、簡単に
 そう決めるのは危険です。シャワートイレが各部屋についてるのはいいことですが
 とにかく部屋自体がすごく狭いですので、まずそれを十分にご理解してください。
 
 それでは、コシテルについてさらに詳しくご案内しましょう!
 
 ■コシテルの部屋(入居時)
  室内2(縮小).jpg
 ↑コシテルに到着すると、管理人さんからあなたの部屋を案内されます。
 あなたは窓あり部屋を希望され、それで予約手配しましたので、上記写真のような
 窓あり部屋に入り、この部屋で韓国生活が始まります!
 写真をご覧いただきおわかりのように、ベッドテレビ冷蔵庫、壁の上には
 収納棚があり、スケルトンの壁の中にシャワートイレがあります。
 下宿に比べ設備されている内容が充実しておりますし、何よりもシャワートイレが
 各部屋に付いてますので、ここなら十分生活できると思われるでしょう。
 でも!写真ではわかりずらいですが…部屋がかなり狭いですよね!
 そうです!コシテルによって、そして家賃により部屋の大きさは異なってきますが
 基本的には畳2.5〜3畳ほどの大きさですので、一般的な下宿部屋が6畳とすると
 その半分くらいですから本当に狭いです。
 それでも、まだ入居してすぐは、何もないのでそこまで狭いかな?と思われるかと
 思いますが、ここに荷物が置かれるようになると↓
 
 ■コシテルの部屋(入居後)
  室内7(縮小).jpg
 (注:上記とこの部屋は違うところですが)このように、生活用品や勉強道具などが
 置かれるようになると、一気に部屋の狭さが増します。^^;
 部屋をまめに片づけることを心がけたり、整理整頓は人それぞれに異なりますので
 コシテルに住んだら必ずしもここまでになるわけではないですが、とにかく荷物を
 置けばより狭くなりますので、その旨事前によく把握していてくださいね。
 
 また下記写真のように、部屋のタイプによっては、まだ荷物も何もない状態なのに
 すでに狭く感じる部屋もあります↓
  室内6(縮小).jpg
 もう
ベッドのすぐ隣がシャワートイレ室で、この圧迫感はハンパないですよね。
 こういう部屋もありますので、コシテル=狭いという認識を強く持ち、その上で
 コシテルにしてもいいかどうか決めてください。
 
 さらに!コシテルには机があるし、部屋で勉強するのは当たり前と思いますけど
 ことコシテルに関してそれは無理、難しいということも知っていてください↓
  室内8(縮小).jpg
 以上のように、韓国へ留学したらコシテルへ入居するという方は、下宿に比べたら
 部屋の設備やきれいさは格段上ですけど、下宿部屋の半分くらいしかない狭い部屋
 ですから、その狭さを十分覚悟できるよう、そんな狭い部屋でも生活できるように
 決して過度な期待はしないでいてくださいね。
 それでも!下宿の部屋にはない、シャワートイレにミニ冷蔵庫などもありますので
 コシテルの狭い空間での生活に慣れれば、便利でいい宿泊先と言えます。 
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 窓なし部屋はけっこうきついですよ…。ちょっと「牢獄」のような圧迫感も!
 
 次にコシテルの部屋の特徴の一つに『窓あり』『窓なし』があります。
 単純に窓のある部屋と窓がない壁だけの部屋ということですが、その窓なし部屋は
 もちろん
外が見えないですし、雨が降ってるのか晴れているのかもわかりません。
 下記写真の部屋が窓なし部屋ですが、まさにその通りの室内ですよね↓
 
 ■コシテルの部屋(窓なし部屋)
     室内9(縮小).jpg
 ↑一見すると部屋はきれいですし、照明が明るいので、むしろすごくいい部屋だと
 思われがちですが、上記写真のように全て壁に覆われた部屋は…きついですよね。
 それでも
「窓なんて別になくてもいいでしょ!」と思われる方もいると思いますし
 窓なし部屋でも十分普通に生活できるので問題ないですが、やはり外からの日光が
 差込むのと、一日中朝だか夜だか、雨降ってるかどうかわからないような部屋では
 精神的に全然違ってきます。窓ありか窓なしは部屋選びには重要なポイントです!
 
 ■コシテルの部屋(窓あり部屋)
  室内10(縮小).jpg

 ↑いかがでしょう?やはり窓のある部屋と窓のない部屋では違いますよね。
 窓があればいいというものでは決してないですし、窓あり部屋に予約が集中すれば
 すぐに満室になり、必ずしも窓あり部屋を手配できるわけではないので、こうして
 ご案内しても、窓あり部屋に入居できるかどうかは何とも言えませんが、これから
 ご留学される皆様に、この違いやコシテルにするならこのことはぜひ事前に知って
 いていただきたいですので、ここで詳しくうるさくご案内させていただきました。
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 ■コシテル内にある洗濯機
  コインランドリー(縮小).jpg 共同洗濯機(縮小).jpg

 ↑次に洗濯機についてですが、各コシテルには必ず洗濯機があります。
 上記写真のように洗濯室なる部屋があり、そこに2〜3台置かれているのが一般的
 になりますが、コシテルによってはそれが屋上や廊下の先などにあったりします。
 下宿同様特に細かなルールはなく、単純に洗濯機を開けてみて、誰も使用してない
 何も洗濯ものが入ってない時は、あなたが洗濯してもいいんです。
 ただし!もちろん共同使用の物ですので、あなたで1日中使ってることなく、また
 夜中に回しうるさい音で迷惑をかけないようにしてくださいね。
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 食事は出ませんが、共同キッチンで自炊が自由にできます!
 
 下宿と言えば朝&夕ご飯が出る…ですが、一般的にコシテルでは食事はなしです。
 コシテルから調理されたものを支給され、それを食堂で食べる…なんてことはなく
 下記写真のような共同キッチンで、各自勝手に自炊をしていただきます↓
  食堂2(縮小).jpg
 上記写真に写っているお皿やスプーン、電子レンジとかフライパン、トースターに

 各調味料は全てフリーですので、勝手に使用してもいいです。
 それらを使って、近所のスーパーなどで買ってきたおかずなどを調理します。
  食堂3(縮小).jpg
 そして!どこのコシテルでも絶対サービスで『ご飯(白米)が無料』があります。
 ご飯はいつでも食べ放題ですし、そこのコシテルのオーナーやアルバイトの管理人
 にもよりますが、常にご飯が炊けている状態ですので、これはかなりいいですよ。
 なおご飯の他にも、キムチのりコーヒーお茶などが無料提供になります。
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 「エアコン完備」に気をつけて!各部屋についているわけではありません
 
 
コシテルのサイト等には「エアコン完備!」と記載されていることがありますが
 必ずしも各部屋に設置されているわけではないので、その点には十分お気をつけ
 ください。ほとんどのコシテルでは、各階共通の冷暖房が室内上部にある空気口
 のようなところから出ているだけなので、各自で調整できるものではないんです。
 暑くても寒くても、管理人のさじ加減次第なんです…^^;
 
 ※もちろん、各部屋各自で調整のできるエアコンのあるコシテルもありますが…