恋とケンカで上達

 

 

 恋愛だけでなく、怒りからも語学力はアップしますよ!^^

 

 韓国語に限らず、どの国の言語を学ぶにも共通してますが、外国語を勉強する

 において、その国の方とお付き合いすると上達すると言われますよね。

 韓国人の彼や彼女と付き合い、そんな恋人としょっちゅう一緒にいて、つねに

 韓国語を使うことで上達できるし、授業等では教えてもらえない流行り言葉や

 より日常的に使える文法に単語など身に付けられ、それが語学のアップに直接

 つながりますからね。

 ですので皆さん、韓国へご留学されたら彼、彼女を作りましょう〜!^^

 

 でも!誰でも恋人ができるわけではないですし、必ずしも現地の人と付き合う

 必要もなければ、彼や彼女がいないと上達できないなんてことはないです。

 では!恋人を作る以外に、他にどんな上達パターンがあるのか?

 ずばり!韓国人相手に言い争うことです! ^^

 まあ簡単に言えばケンカができるようになるということですが、別にケンカを

 しなさいと言っているわけではなく、はっきり物事を言えるようになること!

 我々日本人は韓国の地ではアウェーになれば、郷に入りては郷に従えですから

 こちらが韓国の文化や習慣等に合わせることになりますので、日本でのように

 思い通りにはいきません。そして何より語学力の問題で言いたいことがうまく

 言えないことも当然となります。

 それでも!あきらかにこちらが正しく、相手が間違えていたり、理不尽なこと

 に遭遇したら、きちんと言い返したいですよね。

 そういった感情が起きた時には、好きな人がいて、その人ともっと仲良くなる

 ために自然とより勉強するようになるのと同じで「文句言わずにいられない!」

 「自分のこの怒り、憤りをわかってもらいたい!言いたい〜!」なんて思えば

 やはり韓国語に対して、もっともっと集中し取り組めたりするものです。

 そしてそれが結果的に、韓国語の上達につながったりしますからね!^^

 

 韓国語学の上達は、韓国人の恋人と、韓国人とのケンカ!です(笑)

  

 

 2012.9.30

 

来月以降からでいいですよ!^^

 

 

 来月の10月より、来年春のお申込受付を開始します!^^

 

 特に年をまたぐ春学期からの留学をご検討されてる方々から、毎年この時期に

 なると決まってよくお受けするご質問が…

 「来年春に留学したいのだけど、今すぐ申し込まないと間に合いませんか?」

 いう内容のものが非常に多いのですね。

 できるだけ早くに申し込まなければ!と焦られる方がけっこう多く、先月から

 今現在までにかけても、上記と同じようなお問合せをたくさん受けています。

 ですのでここであらためて、しっかりとお伝えしておきますね!

 

 来年の春にご留学されるなら、お申込は来月10月に入ってからで大丈夫!

 

 今はまだ冬学期から長期留学される方や、この秋や年末年始に短期留学される

 方々のお申込を受けておりまして、来年の春学期〜の長期留学や春の短期留学

 などのお申込をお受けするにはまだまだ早いのです。はい!^^

 間に合わないんじゃないか…と心配されるのはよくわかりますが、来月10月に

 入ってからでも、11月中でも十分に間に合いますのでご安心ください。

 来年春の留学に関しては年内中にお申込いただき、年内中に皆様との手続きが

 開始できれば大丈夫ですからね(o^-')b

  

 来年春(長期留学、短期留学)からのご留学を検討されている皆様!

 とにかく今は、わからないことや気になること、留学について何もわからない

 からいろいろ教えてほしいということを、気軽にお問合せしてきてください。

 そしていろいろ迷われ、いろいろとご理解されましたら、それから満を持して

 正式にお申込してくださいね。^^

 

 

 2012.9.23

 

韓国出張2012秋

 


 〜韓国出張2012秋〜

 

 またまた来ました、韓国出張のシーズンです♪  

 今回は、来月10月14日〜の約1週間行ってまいります!^^

 

韓国出張期間

弊社営業再開日

10月14日(日)〜10月21日(日)

10月23日(火)

 

 今回もこれまでの韓国出張と同じ様に、弊社よりご留学された皆さんとお会い

 したり、学校訪問や各宿泊先を見て回る予定でいます。

 現地にいる現役留学生の皆さん、ぜひ韓国でお会いしてくださいね♪^^

 

 また!よく韓国出張から戻った後になって、元留学生の方々から「今度旅行で

 韓国に行こうと思ってますが、出張はいつですか?現地で再会したいですね」

 といううれしいお誘いが来るのですが…毎回、時すでに遅しです…^^;

 今回は上記の日程で行きますので、どうぞこれに合わせて韓国旅行のご計画を

 立ててくださいね。そして現地で合流しましょう♪

 

 では!誠に申し訳ございませんが、来月の14日〜22日まで弊社をお休みさせて

 いただきますので、その期間はお問合せやお申込はお受けできません。

 ですので出張にでる前、もしくは出張より戻った後にご連絡くださいませ。

 ご迷惑をおかけしますが、何とぞご了承願います。

 

 

 2012.9.16

 

有効期限は忘れずにね!

 

 

 安易に6ヶ月と考えずに、きちんと180日目を把握しておくべし!

 

 留学と言えばビザはつきものですが、そのビザについて正しく認識されてない

 方もいらっしゃいますので、今回はビザの有効期限についてお話します。

 留学する前は、ビザについてよく調べたり、ビザを取得することに一生懸命に

 なりますが、無事に取れると、それ以降ビザへの認識が緩みがちになります。

 もう自分は留学ビザを持っているから安心。大丈夫!(o^-')bと…。

 でも!ビザには必ず有効期限がありますから、ついついうっかりしていた…

 しても、その有効期限を過ぎたら不法滞在となり大変です(>.<)

 なので韓国へ無事入国し、無事宿泊先へ辿り着き、生活の基盤ができましたら

 まずはカレンダーを用意して、例えばそのビザが180日間有効のものでしたら

 入国したその日から数え、180日目の日に赤ペンで○をしてください。

 それで自分がいつまでそのビザで韓国にいることができるのかを、留学した時

 からよ〜く把握しておいてくださいな。

 

 また!それはノービザ(観光ビザ)の方も同様ですからね。

 観光ビザの場合の有効期限は90日ですから、上記と同じように入国されてから

 カレンダーには90日目に赤ペンでしっかり印をつけ、その日をよく覚えていて

 その日までには必ず韓国を離れるようにしてくださいね!

 

 留学前は何かと用心していたり、不安なので抜け目ないものですが、韓国での

 留学生活が始まると、そのことが頭から抜けてしまいがちになるのですね。

 数は少ないですが、過去これまでには、その有効期限日を忘れてしまっていて

 気づいたら182日目になってた…有効期限過ぎてた…なんて方がいました。

 せっかく手間暇かけてビザを取得したのに、うっかりで不法滞在扱いになって

 帰国時にさらに面倒なことにならないよう、本当に気をつけてくださいね。

 

  

 2012.9.9

 

もう昔の話はいらないかと…^^;

 

 

 もう私の留学体験談なんて、化石化してますから…^^;

 

 この『日記・コラム』を最初からご覧いただいている方々の中から、最近よく

 言われているのが「なんで前みたいな韓国の体験談を書かないの?」と。

 要は、以前は私個人の留学体験談を数多く書いてきましたが、最近はそれらを

 見れなくなったので、また書いてほしいというご要望なんですが…

 まあ〜ここをご覧いただいている方は非常に少ないので(笑)、もっと適当でも

 いいんですけど、さすがに10年以上前のことはもう書けないなぁ〜と。^^

 やはり時代は常に流れてますし、同じ韓国、同じ韓国留学と言え、今の時代の

 韓国留学についてもっとご案内すべきかと思ってますので、もう私の韓国での

 昔話を語ったところで何も役には立たないかと思っていまして、はい…。

 

 この『日記・コラム』を書き始めた当時、要はこの韓国留学専門社を立ち上げ

 スタートさせた時からになりますが、本当にその当時から今現在に至るまでも

 ここをご覧いただいている方は、元留学生か私の個人的な友達くらいですので

 適用に何でもいいかなあとは思ってたのですが、やはり韓国留学を紹介&斡旋

 している会社ですから、書くなら韓国に関係したこと、特に韓国留学に関わる

 ことを書こうと続けています。

 それで私自身も韓国へ留学しましたので、その体験談も書いていたんですけど

 「もう自分の経験談なんてすでに化石化してることばかりだし、今だ10年も

  前のことを書いてても、これから留学される方には必要ない話だよな…」

 と思いまして…。というか、やっとそう気づきまして(笑)

 ですので、私個人的な昔の留学体験談は、もう今後は書かないでしょう。^^

 

 で〜も!そういった声をいただけるとは思っていなかったので、正直びっくり

 しましたし、数人からではありますが、私の韓国体験談を求めてくださってる

 方がいることがわかって、すっごく嬉しかったっすよ♪

 

 

 2012.9.2 

 

やっぱり増えました。

 

 

 韓国へ留学される年齢層が、ぐっと低くなりました!

   

 早いもので、今週で8月も終わりますね。

 そして今月前半に行われた、夏短期コースを受講された方々は続々と帰国され

 先週からは夏短期コースの後半組の方々がご出発し、さらに来月は秋学期から

 ご留学される長期留学組もご出発となります。

 

 と、こうして毎年&毎シーズン留学される方は後を絶ちませんが、特に今年は

 昨年からの韓流ブームの影響もあり、韓国へ留学される方が増加しています。

 もっと言えば、ここ数年で韓国へ留学される年齢層がどんどん下がってまして

 現役高校生の留学生がすごく増えました!^^

 これまでの韓国留学でも、高校生からのお問合せやお申込はありましたけども

 今年は例年になく、いや〜年齢層の低下をビシビシ感じてます。^^;

 以前にも同じようなブームはありましたが、やはり第一次韓流ブームと今回の

 第二次韓流ブームとでは、留学される人数の勢いは同じでも、留学される方の

 年齢層は本当に低くなったなあと。

 さらには、現役中学生のお問合せや申込希望者も増えてきましたからね〜。

 残念なことに手配できる年齢制限があるので、弊社で対応できませんでしたが

 中学生から韓国留学を考える時代になったんだと、あらためて実感しました。

  

 先週韓国より戻って来られた皆さん!

 1週間や3週間と短い期間ではありましたが、韓国を堪能してこれましたか? 

 この留学をきっかけに、さらにもっと韓国語を学ぶ気持ちを持ってください♪

 

 今週や来週からご留学される皆さん!

 あくまで語学勉強がメインですが、韓国語を学ぶことだけでなく、いろいろな

 ところに行って、いろいろな方と会い、できるだけ実践で韓国語を使い楽しい

 留学生活を送ってきてくださいね♪

 

 そして韓国留学を夢見る、高校生や中学生の皆さん!

 韓国への留学をご検討されているのでしたら、親御さんからしっかり承諾得て

 親御さんときちんと相談し、慎重に計画を立てていってくださいね。^^

 

 

 2012.8.26

 

意外と把握していない連絡先

 

 

 そう言えば…今住んでるとこの住所や、大家さんの電話番号がわからない…

 

 韓国へ留学中、急遽日本へ帰国しなければならない用ができた…なんてことは

 全くない場合もありますし、誰にでも起こりえることでもあります。

 ご家庭での事情だったり、急に個人的に大事な用事が発生して、自分が日本に

 戻らないとそれが解決できない…なんてこととか、ありえなくないのですね。

 まあ〜韓国留学中に限らず、生きていく中では突然予想もしていかったことが

 起きるものですが、海外にいる時にはより焦り、慌ててしまうものです。

 しかもそれは本当に急なことで、慌てて航空券を取り、すぐ日本へ戻ってきた

 ので、誰にも伝えることができなかった…(・_・;)あっ!やばい…

 そして日本に一時帰国してからは、2〜3日で済むと思っていたら、実際には

 1〜2週間は日本にいないといけなくなったり、いつ韓国に戻れるかしばらく

 目途が立たないことだってあります…(-”-;)どうしよう… 

 で!毎日当たり前のように生活しているので、今まで気にしていなかったけど

 考えてみれば、自分が滞在している宿泊先の連絡先を知らず、いざという時に

 大家さんに連絡ができない…なんてケースがよくあります( ̄○ ̄;)わからん…

 

 ですので!いつそういうことが起きてもいいように…といいますか、一時帰国

 だけに限りませんが、そういった緊急事態に備えて、必ず宿泊先の連絡先とか

 そこの大家さんだったり、管理人の連絡先は必ず控えておきましょう。

 また留学して間もない頃で、韓国語で直接伝えるのは難しいということならば

 日本から電話できないかもしれませんので、事前に下宿先の大家さんとかには

 メールアドレスを聞いておくのがいいですし、メールでも韓国語で伝えるのは

 ちょっと厳しい…というのでしたら、同じ滞在先にいる日本人にお願いし大家

 さんに伝えてもらえるよう、身近な日本人の連絡先はしっかり把握しておいて

 くださいね。

 

 何かあって、急遽一時帰国しなければならないなんてことなく、韓国留学生活

 を満喫できることを願いたいですが、留学中には韓国だけでなく、日本で何か

 起きることだって十分ありえますからね。

 「自分には何もないでしょ〜」なんて思わず、もしもの場合を想定しておいて

 いざという時のための緊急連絡先を、しっかり把握しておきましょうね!^^

 

 

 2012.8.19 

 

2学期目のマンネリ感!?

 

 

 2学期目はマンネリとスランプに陥りやすい!?

 

 1学期を終えて2学期目を迎えた今、周りの方や私の友達は、韓国の生活や

 学校の授業にも慣れてきて、中だるみ?スランプ?と言うのか…?なんとなく

 疲れた感じの方が多く、私も例にもれずで…

 前学期は毎日新しいことを学べて、勉強するのが本当に楽しかったのですけど

 今は楽しいことは楽しいのですが…何でしょう?前とは違う感じで…^^;

 

 以前この『日記・コラム』でも同じようなことを書きましたが、これまでにも

 同様のことをよく聞くことがありましたし、先日もまたこんな内容のメールを

 今ご留学中の方からいただきましたので、あらためて言わせてください。

 

 たしかにそうなるものなんですよね〜^^

 その中だるみとかスランプは、まさに長期留学での2学期目に起こる

 2学期目のあるあるなんです(笑)

 全員がそうと言うわけではないですが、だいたいの方が陥るこの現象というか

 状態は、2学期目になると起きやすいものなんですよね。

 留学したての初めの学期は、韓国語を勉強することはもちろんのこと、韓国で

 生活することもそうだし、全てにおいてが初モノづくしなので、緊張もするし

 大変なんだけど、その分全てが新鮮なので、学ぶ喜びや新しいことを知る興奮

 などがあるけども、2学期目になるとクラスや担任も変わるけど、基本的には

 前の学期と授業の流れも同じで、何より生活リズムが一緒で、特に大きな興奮

 ってものがなくなってくるので、ついつい中だるみ…みたいになる傾向が割と

 多くなるもんなんですよね。^^;

 

 で〜もっ!それは決してスランプではないんですよ。^^

 もちろん単純にスランプに陥っている人もいるけど、だいたいは初学期と比較

 したら伸びてないからスランプ…と思う方が多いですが、そうは言っても実際

 皆さんの韓国語は日々成長しているんです。

 けれど2学期目って全ての慣れから、そういう変化に鈍くなってくるんです。

 初学期は日本から韓国に渡ったばかりで、本場にて韓国語を学び始めたばかり

 だから、言ってみればゼロからスタートして、下はなく上がるのみで、単純に

 その差でわかりやすく達成感みたいなものを感じれるものなんです。

 でも2学期目ともなると、初学期の経験もあり、それほど伸びを自身で感じれ

 なくなったり「もう4ヶ月も韓国にいるのに、まだ全然会話ができない…」

 ネガティブになりがちになるもので…。

 もちろん個人差はあるけども、比較的そういったパターンが多いんです。

 だから決してスランプではなく、慣れの問題なんですよ〜^^ 

 実はそうなってる人はけっこう多く、他の留学生だって、これまでの元留学生

 たちも、多くの方々が経験してきたことで、仕方のないことなんですからね。

 そしてそんな経験を経て、やがてまた新たな目標や刺激ができて、また違った

 韓国留学生活になっていき…なんていう繰り返しですから、はい!^^

 

 皆さんが韓国で過ごしてる現在、留学生活を味わえている今って、実はとても

 貴重で贅沢な体験をされているんですから、ネガティブにならず、できるだけ

 前向きに、今のその贅沢タイムを満喫していてくださいよ!^^

  

 

 2012.8.12

 

実は愛知県が1番なんです!^^

 

 

 お申込される方は、やっぱり東京の方が圧倒的に多いですよね?

 

 お申込された方からやお問合せなどにて、時々聞かれるこの質問!^^

 そう!弊社が東京にあるからというのもありますが、お申込は東京または東京

 近郊(神奈川、千葉、埼玉)の方が多いよね…なんて思われがちなんですけども

 実は弊社の場合、それらよりもなぜか愛知県、特に名古屋の方からのお申込が

 一番多いんですよ。^^

 弊社は東京にありますけど、何も東京や関東圏のお申込しかお受けしていない

 わけではなく、北は北海道から南は沖縄まで全国の方を対象にしていますので

 関東圏だけでなく、いろいろな地域からの申込をお受けしております。

 そしてここ数年は、その申込の多くが名古屋からに集中しているんですね。

 なぜかはわかりませんが、今夏の短期留学のお申込状況を見ましても、住所が

 愛知県、愛知県、愛知県と連発しているんですよ。

 もちろん他県の方のお申込もたくさんありますが、今回も住所の欄で愛知県を

 何度も目にするほど多いんですね。^^

 

 ということでして、今現在各都道府県にお住まいの、弊社へのお申込をご検討

 してくださっている皆様、上記の通りで何も東京や東京近県の方だけを対象に

 してるわけではなく、全国どこの方でもご対応させていただいておりますので

 安心してお問合せ&お申込をしてきてくださいね。

 もちろん遠くの方でしたら、直接お会いしてカウンセリングを行うことができ

 ませんが、お電話やメールにて詳しくお答えしますのでご安心ください!^^

 

 ちなみに!

 弊社へお申込される方々のお住まい別ランキングは…

 第一位は上記でもお伝えしている通り愛知県で、じゃあ次は東京かと思いきや

 お隣の神奈川県でして、その次に東京、そして大阪と続きます。

 またひとまとめに見ますと、意外にも九州方面(福岡、熊本、鹿児島、沖縄)

 お申込もけっこう多いんですよ。^^

 

 

 2012.8.5

 

 

アルバイトは想定外として!

 

 

 韓国でバイトすることを前提に、留学資金を考えないほうがいいですよ〜

 

 韓国へ留学したら、現地でアルバイトを経験してみたい!(^0^)/

 そう思っている方はけっこう多いと思いますし、送り出す私としましてもぜひ

 経験のためにも、韓国人の知り合いを作るためなどにもやってほしいです。

 アルバイトを通してより韓国のことを知ることもできますし、交流会などでは

 なかなか韓国人と知り合い仲良くなれるまでにいかなくても、アルバイト先の

 韓国人となら、仕事を通して仲良くなれる確率はけっこう高いですからね。

 もちろん留学の一番の目的である、学業を怠ってまでバイトバイトとなるのは

 よろしくないですが、金銭的なことだけではなく、経験という意味や出会いを

 考えれば、アルバイトはぜひにしてみましょう!と言いたいです。^^

 

 ですが!!!

 留学する前から、アルバイトできることを前提に考えないでいてくださいね。

 といいますか正確に言うのであれば、例えば「韓国へ行ってからアルバイトを

 するので、これだけ留学資金があれば大丈夫でしょう!」だなんて思わないで

 できるだけ日本にいる時に、留学資金を溜めててくださいということです。

 もうすでによくご存知の方が多いと思いますが、基本韓国でのアルバイト代は

 非常に安いですし、簡単に見つけてすぐにできるわけではないのですね。

 働けることを稼げることを当然のように思い行っても、実際はなかなかバイト

 できない、見つからない…なんてこともよくありますので…^^;

 それで計算が狂い、留学資金も底をついて、予定よりも早くに帰国しなければ

 ならなくなった…なんてことも少なくないですので、向こうに行けばできる!

 なんてことを当たり前に考えず、あくまで「バイトできたらいいなぁ〜♪」

 いう希望や願望として持っているだけにして、できる限りは日本でしっかりと

 留学費用を作ってから旅立っていただきたいですね。

 

 な〜んて!本当の私個人的な意見としては、たとえ留学資金があまりなくとも

 行きたい時に行ってしまえ!そういう考えで思い切って渡韓しちゃえば〜!と

 思っているんですけどね(笑)

 だって私自身が12年前に留学した時は、1学期分の学費と3ヶ月分の家賃以外

 留学資金が全30万円しかなくて、韓国へ行ってすぐ複数のアルバイトをこなし

 1年サバイバルしてきましたから、そんな私みたいな方がいたっていいのに〜

 なんてのが本音ですからね!^^

 

 

 2012.7.29 

 

 

いつまでお母さんに?

 

 

 韓国へ留学するのはお母さんじゃない!あなたなんだ〜o(>ε<)o

 ティ、ティティティティ〜♪ ティ、ティティティティ〜♪ ティ〜ティケティケ…♪♪

 

 ということで、『踊る大捜査線』の名セリフをもじって「今さらそれっ??」

 って感じですが(笑)、この留学においても青島刑事と同じような心境ですので

 ここ最近特に感じている思いを!p(´⌒`q)

 

 これまで手配をさせていただいた方々の大半は、ご留学される方自らが弊社に

 お問合せされ、その方本人がお申込をし、留学手続きも当然その方自身が対応

 してくださってますが、中にはご自身では何もせず、全て親に任せてしまって

 いる方も少なくないのですね…(ノ_-;)

 まあ特に若い方、10代の方でしたら、留学資金等は親御さんが出されることが

 ほとんどですし、まだ自分の娘は若いから…と心配されて、その親が問合わせ

 されたり、自分の子に変わってお申込されることはわかります。

 でも!実際に韓国へ旅立たれるのは、韓国で生活をするのは親御さんではなく

 その娘さん、あなたご本人なんですし、韓国へ行ってからは自分自身で物事を

 判断したり、自分で動かなければならなくなり、もう親には頼れません。

 何していいかわからない、自分から電話やメールし問合わせするなんて無理〜

 なんて方もいますけど、留学前の日本でのやりとりでしたら、国際電話料金の

 ように高い電話代もかかりませんし、電話がダメならメールだっていいわけで

 何より普通に日本語で聞けて、日本語で答えてもらえるのですから、こうして

 弊社のような留学斡旋会社には、ご自身で連絡してきてほしいです!!!

 日本から親に頼りきり、全てを親任せにしていたら、韓国へ行ってから自分で

 何もできなくなっちゃいますよ〜┐(´〜`)┌

 

 文化や生活環境の違う海外で生活するのは大変なことで、特にまだ言葉に自信

 なかったり、初めて行った国でいきなり生活するにはドキドキもんですよね。

 そして送り出した親御さんからしても、自分の娘が無事外国でやっていけるか

 何かトラブルでも起きたらどうしよう…と心配は尽きないことでしょう。

 ですが!それが外国へ留学すること、海外で生活することなんです。

 もちろん、その国の言語を勉強するために語学留学として行くので、何よりも

 勉強することが一番の目的になりますけど、それと同時に日本とは異なる文化

 や習慣等を受け入れながら、その国で生活してく術も身につけていかなければ

 なりません。

 ですので当然うまくいかないこともあれば、失敗してしまうこともありますが

 それはこれまで留学してきた誰にでも起こりえたことですし、何もなく無難に

 過ごせる方はほとんどいないんですよ〜!

 それに文化や習慣などの違いから起きる失敗だったり、異なる文化を味わえる

 ことが海外留学であって、外国で生活する楽しみであり、醍醐味なんですから

 ある程度の覚悟を決め「自分でその道を切り開くんだ〜!」という意気込みを

 持って、ご自身で留学準備を進めていってほしいものです!^^

  

 

 2012.7.22 

 

進化しているゲストハウス

 

 

 今時のゲストストハウスは、もう立派なワンルームに!

 

 この10年で韓国は様々なことが変わっています。

 街並みはもちろんのこと、エンターテイメントに関しても、若者のファッション

 だったり、こと韓国留学に関係することでも、例えばビザの制度が変わったりと

 たった10年の間に変化してきたことは多様にあります。

 そんな中、特にこれも変わった〜と思うのが『ゲストハウス』です!

 もともと『ゲストハウス』と言えば、観光旅行者やバックパッカー達がお手軽に

 安く滞在できるところとして有名な簡易宿でしたが、今では同じゲストハウスと

 名のつくところでも、長期滞在も可能になったり、複数の二段ベッドがある部屋

 だけでなく、個室も完備され、中にはキッチンまであり、その設備の充実ぶりが

 ワンルームのようなゲストハウスも登場してきます。^^

  ゲストハウス1(縮小).jpg

 以前より、短期で留学される方々からゲストハウスのことはよく聞いてましたが

 実際に見学することがなかったので、先日の韓国出張の際、数件のゲストハウス

 を見てきましたが…いや〜想像以上に素晴らしくて笑っちゃうほどでした(笑)

 弘大にあるゲストハウスは長期滞在も可能で、部屋をいくつか見学しましたけど

 もうゲストハウスというより完全にワンルームマンションでしたし、最近できた

 ところなので、全てが新しくキレイで惚れ惚れしました。( ̄○ ̄;)わぉ…

  ゲストハウス(縮小).jpg

 またそこ以外のゲストハウスでも、もともとは民家でそこを完全改装して、最近

 東京でも流行りのシェアハウスのような感じにおしゃれで、ここなら住みたい!

 と思えるようなところでしたし、とにかく設備の充実ぶりに感心しました。

 

 今までの長期留学生の滞在先と言えば、下宿やコシテル、寄宿舎にワンルームと

 いう概念でしたが、そこにまた新たなスタイルが入ってきたという感じです。

 これから先、そういうタイプのゲストハウスがどれだけ増えるか、そして実際に

 生活しやすい環境かどうかは未知数ですけど、とっても興味があります。

 次回の出張でも、また別のゲストハウスを巡ってみようと思ってます♪

 

 

 2012.7.15

 

最近かなりマヒしているかも(笑)

 

 

 日本と韓国は似ているようで似ていない。

 同じような文化はあるけど、微妙に違う部分がけっこうある…。

 

 これまで韓国へ留学経験のある方や、今現在韓国滞在中の現役留学生の方なら

 よくお分かりだと思いますが、こんなに近い外国で、見た目では似てることが

 いろいろありますが、よく知っていくと、けっこうちょっとしたことでの違い

 などに気づきますよね!^^

 

 日本と同じように箸を持ってご飯を食べると言う文化ですが、日本なら茶碗を

 持たずに食べると行儀がなってないとなりますけど、韓国では逆に茶碗も持ち

 ご飯を食べるほうがマナー違反だったり、お酒を飲んでいる時、グラスが空に

 なるまでは継ぎ足さないとか、タクシーは自動ドアではないので、自分で開け

 なくてはならないし、日本では当然後部の座席に座るけど、韓国では助手席に

 座ることも当たり前だったり…と、あげればきりがないですが、日本と韓国で

 似ているようで異なることはけっこうあるんですよね。

  

 でも!こうして韓国と関わり10年以上たつと、日本の文化や習慣はもちろんの

 こと、韓国の習慣なども当たり前になっているので、最近は留学生達から聞く

 話で「あっ!そっか、それも日韓の違いだったな」とか「あ〜!そんな違いも

 あるよね〜」なんて忘れていること(!?)がけっこうあるんですよ(笑)

 先日元留学生と会って韓国についていろいろ話してる時に、その元留学生から

 「韓国では家に上がる時、日本のようにくつを玄関のほうへ向けて置きなおす

 ことはせずに、家側に向けたそのままの状態で脱いで上がるよね。」と聞いて

 「あっ!そうだ、そうだ!それも日韓の違いだった!」なんて、完全にそれも

 普通のことになっていました。^^;

 韓国の文化や習慣等に慣れてるのはいいことだけれど、ちょっとマヒし過ぎて

 逆に日韓の違いがよくわからなくなってる今日この頃です。

 

 

 2012.7.8 

 

今回は早くてすみません…^^;

 

 

 今年は例年になく、かなり早くに締切ってしまいました…^^;

  

 ここ数日間、夏の短期留学や秋学期〜の長期留学にお申込されたいという方から

 たくさんご連絡をいただきましたが、こちらのホームページでご案内してた通り

 すでにそれらのお申込受付は、全て終了してしまいました。

 弊社に留学手配を任せたいと思っていただき、お申込しようと思っていただいた

 にもかかわらず、こちらからお断りしてたいへん申し訳ございません…(>.<)

 

 毎年この時期でしたら、まだお申込受付可能でしたが、今年は例年になく早くに

 締切日を設定してしまいました。

 昨年は韓流ブームのおかげでたくさんのお申込をお受けしましたが、あまりにも

 たくさん受けてしまい、留学手配が雑になってしまったこと、お一人お一人との

 やりとりがあまりできませんでしたので、今年はその反省を活かして、昨年より

 申込人数を減らしてでも、ある程度余裕もって手配が行えるようにしました。

 今回お申込をお受けできなかった方々には、本当に申し訳なく思っておりますが

 おかげさまで、すでにお申込いただいた方々には、きちんと対応できそうです♪

 

 まだ未定ですが、上記の通り今年は早くに夏短期や秋からの長期留学のお申込を

 締切りましたので、その分日程に少し余裕ができそうです。

 ですのでその余裕ができた日を有効にしようと、これまでその時期には行っては

 いなかった『出張留学説明会』を開催しようかと思っています。

 今年5月に一度募集をかけましたが、各地域で希望の人数には達しなかったため

 結局弊社で行う説明会ではなく、名古屋にある韓国語教室さんでの留学説明会と

 なりましたので、引き続き全国にある韓国語教室さんからのご依頼もお待ちして

 おりますが、それとは別の出張留学説明会を、今年9月中に一度、どちらかにて

 開催できたらと考えております。^^

 

 出張留学説明会について

 

 

 2012.7.1 

 

 

物件探すなら

 

 

 韓国で引っ越しするなら、直接内件するべし!

 

 韓国留学で、特に長期で留学されるなら一度は経験するのが住まい探しです。

 もちろん最初に入居した宿泊先にずっと滞在されている方もいますが、例えば

 ソウル市立大の寄宿舎のように、1学期(約3ヶ月)しか滞在できない…という

 場合もあれば、もっといい条件を求めて別の宿泊先を探したり、予算の関係で

 もっと安い物件に越さなくてはならなくなることもよくあります。

 

 それで!以前からここ『日記・コラム』でも言い続けてきましたが、留学中に

 引越しを考えてる方は、不動産を通さずに直接物件を見てまわってください。

 あっ!もちろん、不動産屋さんが悪いとかではないですよ。^^

 安心得るなら不動産屋さんにお任せするのが一番ですが、せっかくの海外留学

 韓国語の勉強をするだけでなく、そういった生活面においてもいろんな経験を

 していただきたいですし、物件によっては不動産を通さないと見つけられない

 契約できないこともありますが、こと韓国留学においての定番の宿泊先となる

 下宿やコシテル、ワンルームでしたら、直接予約や契約ができますからね。

 でもまだ韓国語がよく話せないから…とか、どうやって直接見に行けばいいか

 わからない…と思うでしょうけど、でも勇気を振り絞り、己で内見を経験して

 みると「あれっ?こんな感じ?」と拍子抜けするほど、そんなには難しいもの

 ではないのですね。^^

 韓国語がまだ全然話せないし、聞き取れない…などという方には無理にお勧め

 できませんが、それでも日本語のできる韓国人の知り合いができたり、韓国語

 上手な日本人のお友達がいましたら、ぜひそんな方に付き合ってもらって直接

 見学して決めていただきたいのですよ。

 

 今これをご覧になられてる、これから韓国へ留学するという方は、日本にいる

 ので当然直接内件したくてもできませんが、すでに韓国にいる現役の留学生の

 皆様でしたら、授業後の空いた時間にあちこち見て回ることが可能なんですし

 直接見に行ったことで、ネットにはない情報や写真とは違う環境を知ることが

 できますから、すべてを不動産任せにするのではなく、ご自身の目でしっかり

 見て決めましょう!

 毎回出張中には新しい物件を数件見てきますが、ネット上では紹介されてない

 穴場的物件はけっこうありますので、やはり実際に足を使って、この目で見る

 ことが大事だなあ〜と、毎回毎回実感していますからね。^^

 

 

 2012.6.24