ほぼハズレなし!

 

 

 あくまでも、僕個人的な主観によるものですけどね!^^

 

 小さい頃から映画が大好きで、これまでにもたくさんの作品を見てきましたし

 この会社を設立した当時はまだあまり申込を受けられることもなく、とにかく

 時間がたっぷりありましたから、しょっちゅう映画館に足を運んでました。

 でもその後はうれしいことに仕事で忙しくなり、だんだんと映画を見る機会が

 減ってきましたけど、今はこんな状況ですから、ここ1カ月くらい久しぶりに

 映画、映画、映画と、映画三昧の日々を過ごしております。^^

 そして10本映画を見るとしたら、その割合はアメリカ映画=6、韓国映画=2

 日本映画=1、その他=1で、まず映画を見ようとなったら、アメリカ映画を

 中心に見続けるんですけど、特に見たいものが見つからない場合、次の候補が

 韓国映画になるんですね。

 で!そんな映画漬けの日々を過ごしていて、あらためて気づいてことが!!!

 

 韓国映画はハズレがあまりない!^^

 

 アメリカ映画の場合は、見る前から評判がよかったり、好きな俳優の主演モノ

 好きな監督の作品だからと、すでにちょっとしたその映画への保証がある

 から安心して見れるのですけど、韓国映画を見る前にはそういった保証

 ほとんどないというか、単に情報を知らないだけなんですけど、どんな作品か

 全く想像もついていない状況から見ているんです。

 だから素直に映画に入っていけるということもありますが、つまらないものを

 見るかも?というガッカリを受けることも十分にありえるんですよね。

 でも〜!これまでもそうでしたが、ここ最近で見てきた韓国映画にハズレなく

 どれもこれも面白かったんです。最後まで釘付けになって見れたんですよね。

 3本連続で楽しめたけど、次の4本目はさすがにハズレるかな〜なんて思って

 見ても、その4本目もしっかり面白いんです。

 さらにその次の5本目、6本目も面白しく、7本目はまあまあだったとしても

 8本目にすごく面白いものにあたって、結果見るモノ全て満足できるんです♪

 もちろん展開の甘さとか、前半はけっこう我慢の時間帯が続くモノもあったり

 人に勧めするほどではない…なんて映画もあるんですけど、でもちゃんと最後

 まで見れちゃうんですよね。

 僕は韓国の芸能に関してはかなり疎いほうですし、俳優さんの名前と顔が一致

 しないこともほとんどで、韓国ドラマは途中でリタイアしてしまうことが多々

 あるくらいなので、韓国だからという贔屓(ひいき)目は全くないです。

 そんな贔屓目を全然持たずに、純粋に世界の映画の一つとして見てるだけです

 けど、韓国人俳優さん達の演技だったり、やっぱり脚本なのかな?韓国映画は

 本当にアタリが多くて、なかなかハズレがないんですよね〜^^

 

 あっ!そうは言いましても、オールジャンルの韓国映画を見ているのではなく

 社会派サスペンスとか実話系がほとんどで、ラブストーリーやコメディなどは

 全然見ていませんから、韓国映画のサスペンス系にハズレがないというほうが

 正しいですね(笑)

 

 

 2020.05.17