半地下

 

 

 皆さんが滞在するところは、あんな感じではないですからね。^^

 

 ここで書こうと思っていたけどタイミングが掴めず、今さら?感はありますが

 今年のアカデミー賞作品賞に輝いた、韓国映画の『パラサイト』を見ました。

 その作品賞を獲る前から、アジア映画がアカデミー賞にノミネートされたこと

 そして韓国映画だからということでとても気になっていましたし、ここ弊社へ

 カウンセリングでお越しいただいたお客さんの中には「この後そこの映画館で

 パラサイトを見に行く予定なんです」という方がいて、それで余計に見たいと

 いう気持ちが強まり、さっそく見ちゃいました。^^

 

 全部ではありませんけど、けっこう彼が作った映画は見ているので、さすがは

 ポンジュノ監督だなあ〜と思いましたし、これは大衆受けするよね!と納得の

 出来だったので楽しめました♪

 ただ…ダウンタウンの松ちゃんも言っていましたが、正直僕も途中の家政婦が

 再登場してきた辺りから「あれれっ?」と感じ、僕は「そっちに行くか…」

 いう感想ですけどね。そっちではなくあっちの展開を見たなかったなあと(笑)

 でもきっと、あの展開になったことでアカデミー賞を獲得できたのかと!^^

 

 さて!そんな映画パラサイトをご覧になった方からすると、象徴的だったもの 

 そう「半地下」について、気になられた方もいらっしゃるのでは?

 特に韓国へ留学される方からしてみれば、下宿先や学校の寄宿舎には半地下の

 部屋もあり、そこへ入居される場合もありえますから、映画を見たら「そこは

 絶対にイヤっ!」なんて思われるでしょう。^^

 たしかに見事なまでにリアルに描かれており、実際にあういった半地下部屋も

 ありますから、それを完全否定するつもりはありませんけど、でも少なくとも

 皆さんが滞在されるところは、あんな感じでは全然ないのでご安心ください。

 トイレがあんな位置にはなく、映画で見たあの部屋と比べ物にならないくらい

 普通にきれいですし、別に臭くもなく、半地下でも日当たりめちゃめちゃいい

 部屋もあったりしますからね。

 もちろん、それでもその名の通り「半地下」ですからね、部屋の窓を開けると

 そこは地面、道路ですから、それに関しては映画のような感じですけど、でも

 その窓はくもりガラスになっていて、外から中が見えないようになってますし

 逆も然りで、部屋の中からあんなに外の様子が丸見えではないですから。^^

 

 

 2020.03.29